「秘宝」って何?岩手県のエダマメの品種

スポンサーリンク

「秘宝」って何?岩手県のエダマメの品種

秘宝とは。

秘宝は岩手県特産の枝豆であります。白毛が特徴的で、濃淡色の大莢に収められた豆は、粒が大きく、風味豊か。舌の上でほっくりと弾け、上品な甘みが広がります。

「秘宝」ってどんなお豆?

「秘宝」ってどんなお豆?

「秘宝」とは、岩手県で栽培されているエダマメの品種です。緑色のさやに白い豆が入った大きめのエダマメで、糖度が高く、甘みが強いのが特徴です。また、豆の皮が薄く、食感がなめらかで、茹でても煮てもおいしく食べることができます。

「秘宝」は、岩手県農業研究センターが1996年に開発した品種で、以来、岩手県の特産品として広く栽培されています。現在は、岩手県内のほぼ全域で栽培されており、県内のエダマメ生産量の約6割を占めています。

「秘宝」は、その甘みと食感が評価され、県内外で広く人気を集めています。岩手県内のスーパーや直売所では、新鮮な「秘宝」を手に入れることができます。また、最近では、「秘宝」を使った加工食品も数多く販売されており、オンラインショップで購入することもできます。

「秘宝」おいしい食べ方

「秘宝」おいしい食べ方

「秘宝」おいしい食べ方

岩手県のエダマメ「秘宝」は、その甘さや大きさ、鮮やかな緑色が特徴の高級品種です。収穫時期は短いため、旬の時期にしか味わうことができません。そんな「秘宝」をよりおいしく食べるための方法をご紹介します。

一番のおすすめの食べ方は、やはり茹でたてをそのまま食べることです。「秘宝」は、茹でると甘みがさらに増し、豆の風味が口いっぱいに広がります。塩やしょうゆをかけて食べるのも良いですが、何もつけずにそのまま食べるのもおすすめです。

また、「秘宝」はサラダや和え物にもよく合います。シャキシャキとした食感がアクセントになり、料理の彩りも豊かになります。お味噌汁や煮物に入れてもおいしく食べられます。

「秘宝」は、そのまま食べても調理してもおいしい万能食材です。旬の時期にぜひ味わってみてください。

「秘宝」の栽培方法

「秘宝」の栽培方法

「秘宝」の栽培方法は、一般的な枝豆の栽培方法とほぼ同じです。植え付け時期は、東北地方では5月下旬から6月上旬、関東地方では5月中旬から6月上旬、関西地方では5月上旬から5月下旬です。植え付け後は、1週間ほどで発芽します。発芽後は、10日置きに追肥を行い、土壌が乾燥しないように水やりを心がけます。

また、害虫や病気を防ぐため、定期的に農薬を散布する必要があります。「秘宝」の収穫時期は、8月下旬から9月上旬です。収穫の目安は、豆がふっくらと膨らみ、さやが黄色く変色したときです。収穫後は、さやから豆を取り出し、塩ゆでして食べます。

「秘宝」は、甘さがあり、食感が良いことから、多くの人に愛されています。また、栄養価も高く、たんぱく質、ビタミンC、カルシウムが豊富に含まれています。「秘宝」は、そのまま食べるだけでなく、煮物や炒め物、サラダなど、様々な料理に使えます。

タイトルとURLをコピーしました