長野県が誇るりんごの名産地「シナノピッコロ」

スポンサーリンク

長野県が誇るりんごの名産地「シナノピッコロ」

シナノピッコロとは。

シナノピッコロとは、長野県で生産されているリンゴの品種のひとつです。2006年に品種登録されました。果実は小ぶりで、黄色の地色に赤色が混ざっています。「ゴールデンデリシャス」と「あかね」という品種を交配して作られました。

黄金色のりんご、シナノピッコロとは

黄金色のりんご、シナノピッコロとは

シナノピッコロとは、長野県が誇る黄金色のりんごの名産地です。シナノスイートとゴールデンデリシャスを交配して生まれた品種で、1996年に品種登録されました。糖度が高く、酸味は控えめで、ジューシーでシャキシャキとした食感が特徴です。果皮は鮮やかな黄金色で、果肉はクリーム色をしています。シナノピッコロは、長野県内では主に南信地方で栽培されており、特に飯田市や駒ヶ根市、伊那市などが産地として知られています。シナノピッコロは、そのまま食べてももちろん美味しいですが、焼き菓子やジャムなどのお菓子作りにも適しています。また、近年ではシナノピッコロを使ったワインやシードルも人気を集めています。

シナノピッコロの歴史と産地

シナノピッコロの歴史と産地

長野県が誇るりんごの名産地「シナノピッコロ」の歴史と産地

シナノピッコロは、長野県で生産されているりんごの品種です。シナノゴールドとゴールデンデリシャスの交配種として、1995年に品種登録されました。りんごの産地としては、長野県の飯綱町、中野市、上田市などが有名です。

シナノピッコロは、果実が大きく、甘くて酸味が少なく、食味の良いりんごです。また、日持ちが良く、収穫後も冷蔵庫で長期保存できます。シナノピッコロは、そのまま生で食べても美味しいですが、焼き菓子やジャムなどの加工品にも適しています。

シナノピッコロは、長野県のりんご産業にとって重要な品種であり、県内各地で栽培されています。シナノピッコロは、長野県の特産品として、県内外で販売されており、多くの人々に親しまれています。

シナノピッコロの特徴と味

シナノピッコロの特徴と味

シナノピッコロは、長野県で生まれたりんごの品種です。1994年に「シナノゴールド」と「世界一」を交配して生まれました。シナノピッコロは、その名の通り小ぶりなサイズが特徴で、直径5~6cm、重さは100~150g程度です。皮は鮮やかな紅色が特徴で、果肉は白く緻密で、酸味と甘みのバランスが良く、さわやかな味わいが特徴です。

シナノピッコロは、生食はもちろん、ジャムやケーキなどの加工にも適しています。また、ビタミンCを多く含み、風邪予防や美肌効果も期待できます。長野県では、シナノピッコロを使った様々な商品が販売されており、お土産として人気があります。

タイトルとURLをコピーしました