ニーダ:タイ由来の台風名

スポンサーリンク

ニーダ:タイ由来の台風名

ニーダとは。

ニーダは、2000年に、台風委員会(WMO)によって、台風に与えられた国際名の一つです。台風の番号は96号で、名前の提案はタイからです。ニーダは女性の名前です。

ニーダという名前の歴史

ニーダという名前の歴史

-ニーダという名前の歴史-

ニーダという名前は、タイ語で「魚」を意味する「ปลา」に由来しています。この名前は、1954年に台風委員会によって初めて使用されました。ニーダという名前は、その後、1959年、1964年、1969年、1974年、1979年、1984年、1989年、1994年、1999年、2004年、2009年、2014年、2019年に使用されました。

ニーダという名前は、タイでは特に人気のある名前です。これは、ニーダという名前がタイの文化や伝統に深く根ざしているからです。ニーダという名前は、タイの王族や著名人の間でも人気があります。

ニーダという名前は、日本ではあまり人気がありません。これは、ニーダという名前が日本の文化や伝統にあまりなじみがないからです。しかし、ニーダという名前は、日本でも少しずつ人気が高まってきています。これは、タイ文化への関心が高まっていることが原因です。

ニーダが上陸した地域

ニーダが上陸した地域

ニーダが上陸した地域

ニーダはタイ語で「にんじん」を意味し、2004年に使用され始めた比較的新しい台風名です。ニーダは、その年に発生した台風の中で最も大きな被害をもたらした台風であり、フィリピン、台湾、中国に大きな被害をもたらしました。

フィリピンでは、ニーダはルソン島に上陸し、大規模な洪水や土砂崩れを引き起こしました。首都マニラも浸水し、多くの住民が避難を余儀なくされました。また、ニーダは台湾にも大きな被害をもたらしました。台湾では、ニーダは南部の屏東県と高雄市に上陸し、大規模な洪水や土砂崩れを引き起こしました。高雄市では、ニーダによる洪水で多くの住宅が浸水し、住民が避難を余儀なくされました。

中国では、ニーダは福建省に上陸し、大規模な洪水や土砂崩れを引き起こしました。福建省では、ニーダによる洪水で多くの農作物が被害を受け、農家が大打撃を受けました。また、ニーダは浙江省にも大きな被害をもたらしました。浙江省では、ニーダによる洪水で多くの住宅が浸水し、住民が避難を余儀なくされました。

ニーダは、2004年に発生した台風の中で最も大きな被害をもたらした台風であり、フィリピン、台湾、中国に大きな被害をもたらしました。ニーダによる被害は、これらの国々の経済に大きな打撃を与えました。

ニーダが残した爪痕

ニーダが残した爪痕

ニーダに残された爪痕

2022 年 9 月 29 日、台風ニーダはタイ東海岸に上陸し、広範囲に大きな被害をもたらしました。台風はタイの中部と北東部を通過し、大雨と強風を引き起こしました。また、台風はタイの首都バンコクにも大きな被害をもたらしました。バンコクでは、大雨による浸水で多くの道路や建物が水没し、停電や通信障害が発生しました。さらに、台風はタイの農業にも大きな被害をもたらしました。タイは世界有数の米の輸出国ですが、台風による洪水で多くの水田が浸水し、収穫量が大幅に減少すると予想されています。また、台風はタイの観光業にも大きな打撃を与えました。タイは世界有数の観光地ですが、台風による被害で多くの観光客が旅行をキャンセルしました。

台風ニーダによる被害は、タイにとって大きな痛手となりました。タイ政府は、台風による被害を復旧するための緊急支援策を発表しました。また、タイ政府は、台風による被害を軽減するための防災対策を強化するとしています。

タイトルとURLをコピーしました