長野の郷土料理「おにかけ」の魅力

スポンサーリンク

長野の郷土料理「おにかけ」の魅力

おにかけとは。

長野県の郷土料理「とうじうどん」は、東信地方では「おにかけ」と呼ばれています。「お煮かけ」「お煮掛け」と表記することもあり、「おにかけうどん」と呼ばれることもあります。

「おにかけ」の歴史と由来

「おにかけ」の歴史と由来

「おにかけ」の歴史と由来

「おにかけ」は、長野県北部の安曇野地方で古くから親しまれてきた郷土料理です。その歴史は古く、江戸時代初期にまでさかのぼると言われています。安曇野地方は、米や野菜などの農産物が豊富で、また、山間地のため、保存食が重宝されていました。その一つが「おにかけ」です。

「おにかけ」は、野菜やキノコを油で炒めて、味噌と砂糖で味付けしたものです。その昔、安曇野地方では、冬になると雪が降り積もり、農作業ができませんでした。そのため、人々は「おにかけ」を保存食として冬の間の食糧にしていました。

「おにかけ」は、保存食としてだけでなく、普段の食事としても食べられていました。安曇野地方では、米を主食としていましたが、米だけでは栄養が不足しがちでした。そのため、野菜やキノコをふんだんに使った「おにかけ」は、栄養を補うのに最適な料理でした。

また、「おにかけ」は、安曇野地方の祭りや祝い事にも欠かせない料理です。安曇野地方では、昔から「おにかけ」を振る舞うことで、人々との親睦を深めてきました。

「おにかけ」の特徴と作り方

「おにかけ」の特徴と作り方

「おにかけ」の特徴と作り方

「おにかけ」は、長野県の郷土料理として親しまれているそば料理です。その大きな特徴は、そばの代わりに小麦粉ではなく寒天を使用していることです。このため、そばの麺とはまったく異なる、もちもちとした独特の食感が楽しめます。また、具材はきのこや野菜などの定番のものに加え、鶏肉や豚肉などのお肉を入れる場合もあり、地域によってさまざまなバリエーションがあります。

「おにかけ」を作るには、まず寒天を水で戻して溶かして寒天液を作ります。そこに小麦粉と卵を加えてよく混ぜ合わせます。この生地を鍋に入れて火にかけ、かき混ぜながら固まったら取り出します。これを適当な大きさに切ったら完成です。

「おにかけ」は、温かくても冷たくてもおいしく食べられる料理です。温かい場合は、出汁やとろろをかけて食べるのが一般的です。また、冷やした「おにかけ」は、サラダ感覚で食べることもできます。

「おにかけ」の食べ方とアレンジ

「おにかけ」の食べ方とアレンジ

「おにかけ」の食べ方とアレンジ

「おにかけ」は、長野県北部を中心に食べられている郷土料理で、小麦粉を水で溶いて焼いた「おやき」のようなものです。小麦粉に水と塩を混ぜ、耳たぶくらいの柔らかさになるまでこねます。生地を平らに伸ばし、中に具材を包んで焼きます。具材は、野沢菜や切り干し大根、きのこ、肉類など、何でもOKです。

「おにかけ」の食べ方は、そのまま食べても美味しいですが、汁物に入れて煮込んでも美味しくいただけます。また、お好みでソースやマヨネーズをかけて食べてもいいですね。

「おにかけ」のアレンジ方法もいろいろあります。生地にカレー粉やココアパウダーなどを混ぜて、味に変化をつけたり、中にチーズやハムを入れたり、生地に卵を混ぜて卵焼き風にしたりなど、アイデア次第でさまざまなアレンジが楽しめます。

「おにかけ」は、長野県北部を中心に食べられている郷土料理ですが、最近では全国的に知られるようになり、スーパーやコンビニでも販売されるようになりました。長野県を訪れた際には、ぜひ「おにかけ」を味わってみてください。

タイトルとURLをコピーしました