大野いも – 福井の恵み

スポンサーリンク

大野いも – 福井の恵み

大野いもとは。

大野いもとは、福井県大野市と勝山市で代々栽培されているサトイモです。

実は中型で卵型をしており、肉質はきめ細かく、モチモチとした食感です。

煮くずれしにくいので、煮物やおでん、汁物に最適です。

地元でのサトイモ栽培の歴史は室町時代にまで遡るとされ、「大野在来」とも呼ばれて親しまれています。

大野いもの特徴

大野いもの特徴

大野いも

福井の恵み

大野いもの特徴

大野いもは、福井県大野市で栽培される里芋の一種です。粘りが強く、煮崩れしにくいのが特徴です。また、甘みがあり、ほくほくとした食感も魅力です。大野いもは、古くから福井県の郷土料理として親しまれており、煮物や汁物、天ぷらなど、さまざまな料理に使用されています。

大野いもは、福井県の気候風土に適した品種で、大野市周辺の肥沃な土壌で栽培されています。大野いもは、収穫後すぐに貯蔵され、冬の間に出荷されます。大野いもは、福井県を代表する特産品のひとつであり、県内外の人々に親しまれています。

大野いもの特徴を以下にまとめます。

* 粘りが強く、煮崩れしにくい
* 甘みがあり、ほくほくとした食感
* 福井県の郷土料理として親しまれている
* 冬の間に出荷される
* 福井県を代表する特産品のひとつ

大野いもの歴史

大野いもの歴史

大野いもの歴史

大野いものルーツは、江戸時代後期にさかのぼります。当時、福井県大野市では、地元の在来種である「大野在来」という芋が栽培されていました。大野在来は、粘りが強く、煮崩れしにくいのが特徴でした。ある日、大野在来を栽培していた農家の畑に、突然変異でできた芋が見つかりました。この芋は、通常の芋よりも大きく、粘りも強く、煮崩れしにくいという特徴を持っていました。農家は、この芋を「大野いも」と名付け、栽培を続けました。

大野いもは、その優れた品質から、很快就く福井県内で知られるようになりました。明治時代になると、大野いもは、福井県外にも出荷され始めました。大野いもは、その粘り強さと煮崩れしにくさが評価され、全国各地で人気を博しました。大正時代になると、大野いもは、福井県の主要な農産物の一つとなりました。昭和時代に入ると、大野いもは、福井県の特産品としてブランド化されました。現在、大野いもは、福井県を代表する特産品として、全国各地に出荷されています。

大野いもを使った郷土料理

大野いもを使った郷土料理

– 大野いもを使った郷土料理

大野いもは、福井県大野市で栽培されている里芋の一種です。粘りが強く、ホクホクとした食感が特徴で、煮物や揚げ物、汁物など、様々な料理に使用されています。大野市では、大野いもを使った郷土料理が数多く残されており、地元の人々に親しまれています。

その中でも代表的な料理の一つが「いも煮」です。いも煮は、大野いもをメインに、里芋、大根、にんじん、こんにゃくなどの具材を味噌で煮込んだ料理で、寒い冬に体が温まる一品として人気があります。また、「いも団子」も定番の郷土料理です。いも団子は、大野いもをすりおろして団子状にし、汁物に入れたり、焼いたりして食べられます。

大野いもを使った料理は、家庭でも簡単に作ることができます。大野いもは、皮をむいてから乱切りにし、水にさらしておきます。その後、鍋にだし汁と大野いもを入れ、コトコトと煮ていきます。大野いもが柔らかくなったら、調味料を加えて味を整えます。仕上げに、ねぎや三つ葉などの薬味を散らせば完成です。

大野いもは、福井県の特産品であり、地元の人々に愛されている食材です。大野いもを使った郷土料理は、福井の魅力を味わうことができる一品ですので、ぜひ一度食べてみてください。

タイトルとURLをコピーしました