鹿児島の芋焼酎「おやっとさあ」

スポンサーリンク

鹿児島の芋焼酎「おやっとさあ」

おやっとさあとは。

「おやっとさ」とは、岩川醸造株式会社が製造販売する、もろをそのまま蒸留した焼酎である。名称は、「お疲れ様」という意味の、薩摩の言葉から名付けられた。

「おやっとさあ」とは

「おやっとさあ」とは

「おやっとさあ」とは、鹿児島県で生産されている芋焼酎です。その歴史は古く、江戸時代初期の1635年に薩摩藩主・島津家久が琉球から薩摩に伝えたサツマイモを原料として製造されたのが始まりとされています。その後、長い年月をかけて改良され、現在では鹿児島を代表する特産品の一つとして知られています。

「おやっとさあ」の特徴は、その豊かな風味とまろやかな口当たりです。これは、厳選されたサツマイモと、鹿児島の清冽な水、そして伝統的な製法によって作られているためです。また、「おやっとさあ」は、アルコール度数が30度と高めですが、飲みやすく、後味もすっきりとしています。

鹿児島県では、毎年10月に「おやっとさあ祭り」が開催されます。この祭りは、鹿児島の芋焼酎の文化を伝えるとともに、県内の酒蔵や飲食店による芋焼酎の試飲や販売が行われます。また、鹿児島県の郷土芸能である「薩摩琵琶」や「鹿児島おはら節」などの公演も開催され、県内外から多くの人々が集まります。

「おやっとさあ」は、鹿児島県を代表する特産品の一つです。その豊かな風味とまろやかな口当たりは、多くの人々を魅了しています。また、「おっとやさあ」は、鹿児島県の郷土芸能や文化と深く結びついており、鹿児島県の歴史や伝統を伝える大切な飲み物となっています。

「おやっとさあ」の歴史

「おやっとさあ」の歴史

「おやっとさあ」の歴史は古く、その起源は16世紀にまでさかのぼります。薩摩藩の領地であった鹿児島県肝属郡で、地元の農民が自分たちの作った米や麦を原料に焼酎を造り始めたのがその始まりです。この焼酎は「芋焼酎」と呼ばれ、庶民の間で親しまれるようになりました。

江戸時代になると、薩摩藩は芋焼酎の生産を奨励する政策を打ち出します。これは、芋焼酎が藩の財政を潤す貴重な収入源となったためです。また、芋焼酎は薩摩藩の特産品としても知られるようになりました。

明治時代になると、芋焼酎は全国に広がります。これは、交通網の発達によって芋焼酎が各地に流通するようになったためです。また、芋焼酎は安価でおいしかったため、庶民の間で人気を博しました。

大正時代になると、芋焼酎は品質が向上します。これは、焼酎の製造技術が進歩したことと、原料の芋の品質が向上したためです。また、この頃には芋焼酎の銘柄も増え始めました。

昭和時代になると、芋焼酎は全国的な人気を博します。これは、芋焼酎の品質がさらに向上したことと、芋焼酎がマスコミに取り上げられるようになったためです。また、この頃には芋焼酎の輸出も盛んになりました。

平成時代になると、芋焼酎は高級酒として人気を博します。これは、芋焼酎の製造技術がさらに進歩したことと、原料の芋の品質がさらに向上したためです。また、この頃には芋焼酎の銘柄もさらに増え、芋焼酎の飲み方も多様化しました。

そして現在、芋焼酎は日本を代表するお酒の一つとなっています。芋焼酎は全国各地で生産されており、その銘柄も数多くあります。また、芋焼酎の飲み方も多様化しており、ロックや水割り、お湯割りなどで楽しむことができます。

「おやっとさあ」の製造方法

「おやっとさあ」の製造方法

「おやっとさあ」の製造方法は、伝統的な手法を守りながら、最新の技術を取り入れて行われています。原料となるサツマイモは、鹿児島県産のものを厳選し、丁寧に洗浄して皮をむきます。皮をむいたサツマイモは、蒸して柔らかくしてから、麹菌を混ぜて発酵させます。発酵させたサツマイモは、水を加えてもろみを作り、もろみを蒸留して焼酎にします。

「おやっとさあ」の製造には、特別な技法がいくつかあります。まず、サツマイモを蒸すときには、専用の蒸籠(せいろ)を使用します。この蒸籠は、サツマイモを均一に蒸すことができ、焼酎の品質を保つことができます。また、発酵させる際には、専用の酵母を使用します。この酵母は、「おやっとさあ」に特有の風味とコクを与えています。

また、蒸留の際には、最新の技術を取り入れて、焼酎の品質を向上させています。蒸留器には、温度や圧力を制御する機能が備えられており、焼酎の品質を均一にすることができます。さらに、蒸留後の焼酎は、丁寧に濾過して不純物を除去し、まろやかな味わいに仕上げています。

「おやっとさあ」の製造には、伝統的な手法と最新の技術が融合されており、その品質の高さが認められています。「おやっとさあ」は、全国各地の焼酎愛好家に親しまれている焼酎であり、その人気はこれからも続いていくでしょう。

タイトルとURLをコピーしました