チメドリ科について

スポンサーリンク

チメドリ科について

チメドリ科とは。

チメドリ科は、スズメ目チメドリ科に属する鳥の仲間です。チメドリ亜科、アカガシラチメドリ亜科、ガビチョウ亜科の3つの亜科があり、アフリカとユーラシア大陸に生息しています。日本では、ガビチョウとソウシチョウという2種類の外来種が知られています。

チメドリ科とは

チメドリ科とは

チメドリ科とは、中南米に生息する鳥のグループです。彼らは、その明るい色と長い尾羽で知られています。チメドリ科には約30種が属しており、そのうち1種は絶滅しています。チメドリ科の鳥は、森林や林縁、その他の森林に生息しています。彼らは、主に果実や昆虫を食べています。チメドリ科の鳥は、その美しい羽で知られていますが、その声もまた美しいことで知られています。彼らは、地鳴きや求愛の歌など、さまざまな鳴き声を発することができます。チメドリ科の鳥は、その美しい羽や声のため、ペットとして人気があります。しかし、彼らは非常にデリケートな鳥なので、ペットとして飼うのは難しい場合があります。

チメドリ科の種類

チメドリ科の種類

チメドリ科の種類

チメドリ科には、約60種ほどの鳥類が含まれている。そのうち、チメドリ属には約40種、ヒラチメドリ属には約10種、エボシチメドリ属には約5種、ウミツバメ属には約5種が含まれている。

チメドリ属の鳥類は、一般的に頭が大きく、くちばしが短い。体色は地味で、灰褐色やオリーブ色、黒褐色をしていることが多い。チメドリ属の鳥類は、主に熱帯雨林や亜熱帯雨林に生息している。彼らは、果実や種子、昆虫などを食べている。

ヒラチメドリ属の鳥類は、チメドリ属の鳥類よりも頭が小さく、くちばしが長い。体色は鮮やかで、青色や緑色、黄色をしていることが多い。ヒラチメドリ属の鳥類は、主に熱帯雨林や亜熱帯雨林に生息している。彼らは、果実や種子、昆虫などを食べている。

エボシチメドリ属の鳥類は、チメドリ属やヒラチメドリ属の鳥類よりも頭が小さく、くちばしが短い。体色は地味で、灰褐色やオリーブ色、黒褐色をしていることが多い。エボシチメドリ属の鳥類は、主に熱帯雨林や亜熱帯雨林に生息している。彼らは、果実や種子、昆虫などを食べている。

ウミツバメ属の鳥類は、チメドリ科の中で最も小さく、頭が小さく、くちばしが短い。体色は地味で、灰褐色やオリーブ色、黒褐色をしていることが多い。ウミツバメ属の鳥類は、主に熱帯海域や亜熱帯海域に生息している。彼らは、魚介類やプランクトンなどを食べている。

チメドリ科の分布

チメドリ科の分布

チメドリ科の分布

チメドリ科の鳥類は、東南アジアからオーストラリア、ニュージーランドにかけての地域に生息しています。その中でも、チメドリ属の鳥類は、東南アジアからオーストラリアにかけての地域に生息しており、カザリチメドリ、オウゴンチメドリ、ニシキチメドリなどが代表的な種です。また、ハチドリチメドリ属の鳥類は、オーストラリアの東海岸に生息しており、ハチドリチメドリが代表的な種です。さらに、コミミチメドリ属の鳥類は、オーストラリアの内陸部に生息しており、コミミチメドリが代表的な種です。これらの鳥類は、森林や林縁、湿地帯などのさまざまな環境に生息しており、果実や昆虫などを食べることで生活しています。

タイトルとURLをコピーしました