「野州てんまり」の魅力を再認識!伝統的な郷土玩具の世界

スポンサーリンク

「野州てんまり」の魅力を再認識!伝統的な郷土玩具の世界

野州てんまりとは。

野州てんまりは、栃木県の宇都宮市で作られる郷土玩具です。郷土の草花や動物などをモチーフにした手まりで、優しい色合いと素朴なフォルムが特徴です。

野州てんまりとは?歴史と由来を解説

野州てんまりとは?歴史と由来を解説

野州てんまりとは?歴史と由来を解説

野州てんまりは、滋賀県南部を中心に伝承されている郷土玩具です。その歴史は古く、16世紀にはすでに作られていたとされており、江戸時代には庶民の間で広く親しまれるようになりました。野州てんまりは、麻布や木綿などの布を球状に縫い合わせて、中に小豆や米ぬかなどを詰めたものです。直径は3~5センチほどで、掌に収まる大きさになっています。野州てんまりには、赤や青、緑などの様々な色があり、中には、模様が描かれているものもあります。

野州てんまりの遊び方は、シンプルです。2人以上で輪になり、野州てんまりを隣の人に投げていきます。投げられた野州てんまりを、隣の人は手や足を使って、次の隣の人に投げていきます。こうすることで、野州てんまりが輪の中を回り続けます。野州てんまりは、投げるだけでなく、蹴飛ばしたり、転がしたりして遊ぶこともできます。また、野州てんまりを高く上げて、キャッチする遊びもあります。野州てんまりは、老若男女問わず、誰でも楽しむことができる郷土玩具です。

華やかで繊細な野州てんまりの特徴と魅力

華やかで繊細な野州てんまりの特徴と魅力

野州てんまりは、華やかな見た目が魅力の伝統的な郷土玩具です。真っ白な布で包まれた球状の本体に、赤や青などの鮮やかな糸で模様が施されているのが特徴です。模様は、伝統的に伝えられてきたものや、作り手によって自由にデザインされたものなど、さまざまです。野州てんまりは、その美しい見た目から、インテリアとして飾ったり、縁起物として贈り物にしたり、また、手遊びの玩具として遊んだりするなど、さまざまな用途で使われています。

野州てんまりは、江戸時代初期に、現在の栃木県小山市で生まれたと言われています。当時は、野州地方(現在の栃木県と茨城県の一部)で盛んに生産されており、江戸をはじめ、全国各地に出荷されていました。野州てんまりは、その美しさから、庶民の間で人気を博し、郷土玩具として親しまれるようになりました。しかし、明治以降、ゴムボールなどの新しい玩具が普及するにつれて、野州てんまりの生産量は減少していきました。

現在、野州てんまりは、栃木県小山市を拠点とする「野州てんまり保存会」によって、その伝統が守られています。保存会では、野州てんまりの作り方を伝承したり、野州てんまりのイベントを開催したりして、野州てんまりの魅力を広く発信しています。また、野州てんまりの作り手も、県内各地に存在しており、野州てんまりの制作に情熱を注いでいます。

野州てんまりは、華やかで繊細な見た目が魅力の伝統的な郷土玩具です。その美しさから、インテリアとして飾ったり、縁起物として贈り物にしたり、また、手遊びの玩具として遊んだりするなど、さまざまな用途で使われています。野州てんまりは、栃木県の誇る伝統文化であり、その魅力は、これからも広く伝承されていくことでしょう。

野州てんまり作りの工程や材料を解説

野州てんまり作りの工程や材料を解説

野州てんまり作りの工程や材料を解説

野州てんまり作りは、熟練の職人によって一つ一つ丁寧に作られる伝統的な郷土玩具です。まず、木製の芯となる玉を削り出し、麻糸を巻いて丸い形にします。次に、彩色して模様を描き、最後に鈴を取り付けて完成です。

材料は、木製の芯となる玉、麻糸、絵の具、鈴などです。麻糸は、強くて丈夫な糸であることが大切です。絵の具は、鮮やかな色で、にじまないものが適しています。鈴は、小さくて軽いものが良いでしょう。

野州てんまり作りの工程は、意外と複雑で、熟練の技が必要とされます。しかし、完成したてんまりは、子供から大人まで楽しめる郷土玩具として、多くの人々に親しまれています。

タイトルとURLをコピーしました