「竜馬がゆく」ソウルフード的存在の洋風乳菓

スポンサーリンク

「竜馬がゆく」ソウルフード的存在の洋風乳菓

竜馬がゆくとは。

「竜馬がゆく」は高知県高知市の株式会社青柳が製造販売する洋風乳菓です。

「竜馬がゆく」ってどんなお菓子?

「竜馬がゆく」ってどんなお菓子?

「竜馬がゆく」とは、高知県で製造されている洋風乳菓です。その歴史は古く、1902年に発売されて以来、県民に愛され続けているソウルフード的存在です。「竜馬がゆく」という名前は、高知県出身の英雄・坂本龍馬に由来しています。龍馬が、太平洋を往来する船の上で、牛乳と卵を組み合わせて作ったお菓子に似ていることから、この名前が付けられたと言われています。

「竜馬がゆく」は、牛乳と卵を主原料とした、しっとりとした食感の焼き菓子です。一口食べると、優しい甘さと牛乳の風味が口の中に広がります。その素朴な味わいは、老若男女問わず、幅広い世代に人気があります。また、「竜馬がゆく」は日持ちがするため、お土産としても最適です。高知県を訪れた際には、ぜひ「竜馬がゆく」をお土産に購入してみてはいかがでしょうか。

「竜馬がゆく」の魅力とは?

「竜馬がゆく」の魅力とは?

「竜馬がゆく」の魅力とは?

「竜馬がゆく」は、昭和21年に創業された洋菓子店「さかえ屋」で販売されている洋風乳菓です。1958年(昭和33年)に発売されて以来、60年以上愛され続けているソウルフード的存在のお菓子です。

「竜馬がゆく」は、アーモンドパウダー、砂糖、卵白をメレンゲにして焼き上げた、こんがりとした焼き色の付いたサクサクの食感の小さな洋菓子です。その形は、坂本の出身地である高知県の特産品である「金時ショウガ」を模しています。

「竜馬がゆく」の魅力は何と言ってもそのサクサクとした食感と、アーモンドの香ばしさと甘酸っぱい砂糖の風味が口の中で広がる素朴な美味しさです。また、一口サイズで食べやすく、コーヒーや紅茶のお供にもぴったりです。

「竜馬がゆく」は、高知県内のお土産としてだけでなく、県外からも取り寄せされる人気のお菓子です。また、高知県内では、お中元やお歳暮のギフトとしてもよく利用されています。

「竜馬がゆく」はどこで購入できる?

「竜馬がゆく」はどこで購入できる?

「竜馬がゆく」は、高知県で愛されるソウルフード的存在の洋風乳菓です。その名の由来は、坂本龍馬が好んで食べていたことにちなんだという説が有力です。外はサクッとした食感のタルト生地で、中はしっとりとしたカスタードクリームをサンドしています。甘さ控えめで、どこか懐かしさを感じさせる味わいです。

「竜馬がゆく」の製造・販売を行っているのは、高知県にある洋菓子店「一心堂」です。このお店は、明治時代に初代店主の吉永喜太郎氏が創業した老舗で、地元の人々に長く愛され続けています。「竜馬がゆく」以外にも、さまざまな洋菓子を製造・販売しており、そのどれもが素朴でありながら丁寧に作られた逸品です。

「竜馬がゆく」は、一心堂の店舗のほか、高知県内のスーパーやコンビニエンスストアなどでも購入することができます。また、インターネット通販でも販売されています。高知県外にお住まいの方でも、その味を楽しむことができます。

「竜馬がゆく」は、その懐かしい味わいで、多くの人々に愛されている洋風乳菓です。高知県を訪れた際には、ぜひ一度ご賞味ください。

タイトルとURLをコピーしました