西条に伝わる、地域愛が詰まったソウルフード「サンチャー」

スポンサーリンク

西条に伝わる、地域愛が詰まったソウルフード「サンチャー」

サンチャーとは。

サンチャーとは、愛媛県西条市の郷土料理です。西条高校商業科の生徒さんと、ちゃーしゅう工房いしづち店が共同で開発しました。チャーシューと地域産の野菜が入ったライスバーガーです。

サンチャー誕生の背景と、生徒たちが開発したきっかけ

サンチャー誕生の背景と、生徒たちが開発したきっかけ

サンチャー誕生の背景と、生徒たちが開発したきっかけ

サンチャーが生まれたのは、西条市の学校給食がきっかけでした。市内の小中学校では、給食費の安い家庭に補助金が出る「無料・減額給食制度」を実施しており、その中で、食費を抑えるために、学校給食の主食のパンの価格を引き下げるという方針が打ち出されました。しかし、ただ単価を下げるだけでは、子供たちが食べなくなってしまう可能性があると考え、子供たちが好きな味や食感のパンを開発することになりました。

そこで、市内の小中学校の生徒たちが、自分たちでパンのレシピを開発することになったのです。生徒たちは、パンが好きな味や食感を話し合いながら、様々な種類のパンを試作しました。その中で、ある生徒が、市内のパン屋で売られている「サンデー」という菓子パンをヒントに、パンの中にクリームを入れたパンを提案しました。生徒たちの間でその提案は好評で、試作を重ねる中で、サンチャーが誕生しました。

サンチャーの美味しさを支える、地元のチャーシューと野菜

サンチャーの美味しさを支える、地元のチャーシューと野菜

サンチャーの美味しさを支える、地元のチャーシューと野菜

サンチャーの美味しさは、地元のチャーシューと野菜によるところが大きい。チャーシューは、地元の豚肉を醤油ベースのタレに漬け込んでからじっくりと煮込んだもので、柔らかく、肉の旨味をしっかりと味わうことができる。野菜は、地元の農家で採れた新鮮なものが使われており、シャキシャキとした食感を楽しむことができる。

チャーシューと野菜を炒める際には、まずチャーシューを炒めてから、野菜を加えて炒める。野菜は、もやし、にんじん、キャベツ、玉ねぎなどがよく使われる。野菜が炒まったら、麺を加えて炒める。麺は、焼きそば麺や中華麺、うどん麺など、お好みのもので炒めることができる。麺が炒まったら、ソースを加えて炒める。ソースは、お好み焼きソースやとんかつソース、ウスターソースなど、お好みのもので炒めることができる。

サンチャーは、地元の豚肉と野菜を使った、地域愛が詰まったソウルフードである。その美味しさは、地元の人々を魅了し、多くの人々に愛されている。

サンチャーの作り方と、おすすめのアレンジメニュー

サンチャーの作り方と、おすすめのアレンジメニュー

サンチャーの作り方

サンチャーを作るには、まずじゃがいもと玉葱を皮をむいて薄切りにします。次に、フライパンに油をひいてじゃがいもと玉葱を炒め、塩コショウで味を整えます。じゃがいもと玉葱に火が通ったら、砂糖と醤油を加えて味付けをして完成です。

サンチャーのおすすめのアレンジメニュー

サンチャーは、そのまま食べても美味しいですが、アレンジして食べても美味しくいただけます。サンチャーをアレンジしたおすすめメニューをご紹介します。

*サンチャーサラダ*
サンチャーをレタスやトマトなどの野菜と一緒にサラダにすると、ヘルシーな一品になります。サンチャーの甘辛い味付けが野菜とよく合います。

*サンチャーと卵の炒め物*
サンチャーと卵の炒め物は、簡単で美味しいおかずです。卵にサンチャーの甘辛い味が染み込み、ご飯のおかずにも最適です。

*サンチャー焼きそば*
サンチャー焼きそばは、焼きそばにサンチャーをトッピングしたものです。サンチャーの甘辛い味付けが焼きそばとよく合います。

*サンチャーおにぎり*
サンチャーおにぎりは、サンチャーを具材にしたおにぎりです。サンチャーの甘辛い味付けが食欲をそそります。

タイトルとURLをコピーしました