さつき:大蔵省専売局が1905年に発売した刻みたばこの銘柄

スポンサーリンク

さつき:大蔵省専売局が1905年に発売した刻みたばこの銘柄

さつきとは。

1905年に大蔵省専売局から発売された刻みたばこの銘柄が「さつき」です。同年発売された官製刻みたばこ7銘柄の中で、最も高く評価されたもののひとつです。

さつき誕生の歴史

さつき誕生の歴史

さつき誕生の歴史

さつきは、大蔵省専売局が1905年に発売した刻みたばこの銘柄です。刻みたばことは、葉たばこを刻んで紙で巻き上げたもので、当時は日本国内で広く吸われていました。さつきは、その中でも特に人気が高く、大正時代には年間300万箱以上が販売されていました。

さつきが誕生したきっかけは、専売局が外国産の刻みたばこの品質を向上させようとしたことにあります。1902年、専売局はオランダからたばこの専門家を招き、刻みたばこの製造方法を指導してもらいました。その結果、専売局は従来よりも高品質の刻みたばこを製造することができるようになりました。

専売局は、高品質の刻みたばこを製造できるようになったことを機に、新しい銘柄を発売することにしました。その銘柄がさつきです。さつきは、マイルドな味と香りが特徴で、すぐに人気を集めました。大正時代には、さつきは日本国内で最も人気のある刻みたばこの銘柄のひとつになりました。

さつきは、第二次世界大戦後も販売され続けました。しかし、1965年に専売局が廃止され、たばこの製造販売が民間企業に開放されると、さつきは次第に市場から姿を消していきました。1972年に、さつきはついに生産中止となりました。

さつきは、日本の歴史の中で最も人気のある刻みたばこの銘柄のひとつでした。そのマイルドな味と香りが多くの人に愛されていました。さつきは、日本のたばこ文化を語る上で欠かせない銘柄です。

さつき人気の秘密

さつき人気の秘密

さつき人気の一因は、その価格の手頃さにありました。定価6銭は、20本入りの一般的な銘柄の半分以下でした。これはさつきを、安価で質の高いタバコを求める多くの人々にとって魅力的な選択としました。さらにさつきは、その製造方法によっても区別されていました。たばこの葉を刻んでから加熱して乾燥させるのが一般的でしたが、さつきは刻んでから乾燥させてから加熱するという逆の方法で作られていました。その結果、sa-tsu-kiは、他の刻みたばこと比べて、よりまろやかで芳醇なフレーバーを得ることができました。これが、特にその独特の香りや味わを好む人々の間で人気の銘柄となりました。

さつきが愛された理由

さつきが愛された理由

さつきが愛された理由

さつきは、1905年に大蔵省専売局が発売した刻みたばこの銘柄です。当時は、たばこを刻んで紙に包んで吸う「手巻きタバコ」が一般的で、さつきは手軽に吸えるように刻んだたばこを機械で巻いて販売した初のたばこでした。

さつきが大蔵省専売局初の機械巻きタバコで、誰でも手軽に吸える画期的な商品であったということが、愛された最大の理由です。当時は、たばこを刻んで紙に包んで吸う「手巻きタバコ」が一般的でしたが、さつきは機械で巻いて販売されたため、誰でも簡単に吸うことができました。また、当時は、たばこのフィルターがなかったため、吸うとむせてしまうことが多かったのですが、さつきはフィルターがついていたため、むせることなく吸うことができました。

また、さつきは、そのマイルドな味と香りが愛されました。さつきに使用されていたたばこ葉は、厳選された国産の葉を使用しており、マイルドで上品な味と香りが特徴でした。また、さつきは、独自の製法で作られており、その製法によって、まろやかな味と香りが生み出されていました。

さつきは、その手軽さとマイルドな味と香りで、多くの人々に愛されました。発売以来、100年以上の歴史を持つ銘柄となり、現在でも多くの愛好者がいます。

タイトルとURLをコピーしました