シバインの必殺テクニック プロレスの技のひとつ

スポンサーリンク

シバインの必殺テクニック プロレスの技のひとつ

シュバインとは。

「シュバイン」は、相手の頭部を抱えて逆さまに担ぎ上げてから、床に叩きつけるプロレス技である。日本人レスラー、CIMA(シーマ)によって創始された。

概要と外見

概要と外見

概要と外見

シバインは、プロレスの技のひとつであり、相手を背面から抱え上げ、自分の両足を相手の股の間に入れ、膝を曲げて相手を投げる技である。技の名称は、この技を得意としたプロレスラー、シバタ・リュウキの名前に由来する。

シバインは、相手の背中に自分の体を密着させ、相手の両腕を自分の両脇に抱え込むことで、相手の動きを封じる。そして、自分の両足を相手の股の間に入れ、膝を曲げて相手を投げる。シバインは、相手の背中に自分の体を密着させることで、相手の動きを封じる技であるため、相手の動きを封じる技を得意とするプロレスラーに多く用いられている。

使用法と効果

使用法と効果

シバインの使用法と効果

シバインは、スタンディングアームロックまたはフィッシャーマンズスラムのように、相手がうつ伏せの状態になった際に使用される、プロレスにおいて最も痛烈なフィニッシュムーブの一つです。丸め込まれた状態の相手が抜け出ることが不可能に近く、多くの場合、対戦相手にタップアウトを強制することができます。この技の使い手の一人である武藤敬司が「一度かかったらもう終わり」とまで言わしめた伝説の必殺技なのです。

シバインの基本的な使用法は、まず、相手に対してオーバーヘッド・スープレックスをかけることから始まります。次に、相手の腕を背中側にひねり上げ、首を固定した状態で相手の頭を手首で抑え込みます。そして、そのまま相手を後方へ倒れさせれば技が決まります。シバインは、左右どちらの腕を攻めることもでき、また、相手の首に足をかけて極めることも可能です。

シバインの効果は、主に、相手の首と腕へのダメージです。首へのダメージは、頭部を固定した状態で後方へ倒れさせることで引き起こされ、腕へのダメージは、相手の腕を背中側にひねり上げることで引き起こされます。また、相手の首に足をかけて極める場合は、頸椎へのダメージを与える可能性があります。シバインは、極めて危険な技ですが、その分、フィニッシュムーブとして非常に効果的です。

現在と過去における施用事例

現在と過去における施用事例

– 現在と過去における施用事例

シバインは長い歴史を持つ技であり、プロレスの試合で頻繁に使用されてきた。過去には、スタン・ハンセン、アンドレ・ザ・ジャイアント、ハルク・ホーガンなど、多くのレスラーがこの技を必殺技として使用した。現在でも、ジョン・シナ、ブロック・レスナー、ロマン・レインズなど、多くのレスラーがシバインを使用している。

シバインは、プロレスの試合において、相手を倒すために非常に効果的な技である。この技は、相手の脳にダメージを与えることで、試合を短時間で終わらせることができる。また、シバインは、相手の体力を奪うこともできるため、長期戦においても優位に立つことができる。

しかし、シバインは非常に危険な技でもある。この技は、相手の脳にダメージを与える可能性があるため、最悪の場合、死に至ることもある。そのため、シバインを使用する際には、十分な注意が必要である。

タイトルとURLをコピーしました