荻窪冷し中華の秘密!あのコシのある麺を再現する方法とは?

スポンサーリンク

荻窪冷し中華の秘密!あのコシのある麺を再現する方法とは?

山の手名物 荻窪冷し中華とは。

荻窪冷やし中華とは、池田製麺が製造販売するインスタント麺のことです。

小麦粉だけで作る中華麺の秘密

小麦粉だけで作る中華麺の秘密

小麦粉だけで作る中華麺の秘密

冷し中華の麺のコシの秘密は、小麦粉だけで作られていることです。小麦粉には、グルテンというタンパク質が含まれており、これが麺にコシを与えます。グルテンは、小麦粉に水を加えて練ると、粘り気が出てきます。この粘り気が、麺のコシの元になります。小麦粉だけで作る中華麺は、グルテンの量が多いため、コシが強く、歯ごたえがあります。

小麦粉だけで作る中華麺は、市販の中華麺よりもはるかにコシが強く、歯ごたえがあります。また、小麦粉の風味が強く、中華麺本来の味を楽しむことができます。小麦粉だけで作る中華麺は、冷し中華だけでなく、ラーメンや焼きそばなど、あらゆる中華料理に使うことができます。

小麦粉だけで作る中華麺は、家庭で作ることができます。小麦粉と水、塩があれば、簡単に作ることができます。小麦粉と水を混ぜ合わせ、粘り気が出るまで練ります。練りあがったら、麺棒で伸ばして、細長い麺状にします。麺を沸騰したお湯で茹でれば、小麦粉だけで作る中華麺の完成です。

小麦粉だけで作る中華麺は、コシが強く、歯ごたえがあり、小麦粉の風味が強いのが特徴です。家庭で作ることができるので、ぜひ一度作ってみてください。

コシのある食感を出すための工夫

コシのある食感を出すための工夫

コシのある食感の麺は、コシのある食感を出すための工夫が凝らされたものです。小麦粉に強いタンパク質の粒を残し、麺を打ち込む時に麺の繊維を一度に切れないようにするのがポイントです。一般的なラーメンなどには見られない独特の麺質なので、家で作るときには注意が必要です。麺打ち機を使ってコシのある麺を作るときは、低速でじっくり打つことで、コシのある麺を作ることができます。麺が傷つかないように、麺を打つときはあまり力を入れずにやさしく打ちましょう。麺を打ったら、十分に寝かせてから茹でることで、コシのある麺に仕上げすることができます。

ラーメンと冷し中华の麺の作り方の違い

ラーメンと冷し中华の麺の作り方の違い

ラーメンと冷し中華の麺の作り方の違い

ラーメンと冷し中華の麺は、同じ小麦粉を原料として作られますが、作り方にいくつかの違いがあります。

まず、ラーメンの麺は、かん水を加えて作られます。かん水は、炭酸ナトリウムと炭酸カリウムを主成分とするアルカリ性の水溶液であり、麺にコシや弾力を与える働きがあります。一方で、冷し中華の麺は、かん水を加えずに作られます。そのため、ラーメンの麺よりもコシが弱く、つるっとした食感になります。

また、ラーメンの麺は、一度茹でた後、冷水で締められます。この工程によって、麺の表面が締まり、コシがさらに強くなります。一方で、冷し中華の麺は、茹でた後、水で締めません。そのため、麺の表面が柔らかく、つるっとした食感になります。

さらに、ラーメンの麺は、通常、太麺か中太麺で作られます。それに対して、冷し中華の麺は、細麺で作られることが多いです。これは、細麺の方が、スープがよく絡み、食べやすいためです。

これらの違いによって、ラーメンの麺と冷し中華の麺は、異なる食感と味わいになります。

タイトルとURLをコピーしました