不知火の甘みを感じられる酒米「西海134号」

スポンサーリンク

不知火の甘みを感じられる酒米「西海134号」

西海134号とは。

西海134号は、酒造好適米の品種のひとつで、1971年に九州農業試験場において、西海71号(シラヌイ)と山田錦を交配させて育成されました。

酒造好適米「西海134号」の特徴

酒造好適米「西海134号」の特徴

西海134号の特徴は、何といってもその甘さにあります。一般的な酒米は、デンプンが主成分ですが、西海134号は甘味成分であるオリゴ糖が豊富に含まれています。このため、西海134号で造られた日本酒は、フルーティーな香りとほのかな甘みが特徴です。また、西海134号はタンパク質含有量が少ないため、キレのある飲み口の日本酒になります。

西海134号は、熊本県の特産米である「不知火」の原種を交配して生まれた酒米です。不知火は、果物のような甘みが特徴のお米で、西海134号もその甘さを引き継いでいます。西海134号は、2013年に品種登録され、現在では熊本県や鹿児島県を中心に栽培されています。

西海134号は、酒造好適米として非常に優秀な品種です。その甘さとキレのある飲み口は、日本酒愛好家から高い評価を受けています。西海134号で造られた日本酒は、全国の酒販店や飲食店で購入することができます。

「西海134号」を使用した日本酒

「西海134号」を使用した日本酒

「西海134号」を使用した日本酒は、その華やかな香りと甘みが特徴です。不知火の甘みや果実のような風味を感じることができるため、女性にも人気が高まっています。また、「西海134号」は耐冷性が強く、寒冷地での栽培も可能であるため、全国各地で生産されています。

「西海134号」を使用した日本酒は、冷やして飲むのがおすすめです。そうすることで、華やかな香りと甘みがより引き立ちます。また、「西海134号」を使用した日本酒は、和食との相性も抜群です。特に、刺身や寿司、焼き魚などの魚料理によく合います。

「西海134号」を使用した日本酒は、近年、海外でも人気が高まっています。その華やかな香りと甘みが、海外の人々にも受け入れられているのです。現在では、世界各国で「西海134号」を使用した日本酒が販売されています。

「西海134号」を使用した日本酒は、日本を代表する銘酒の一つです。その華やかな香りと甘みは、多くの人々を魅了しています。ぜひ一度、この素晴らしい日本酒を味わってみてください。

「西海134号」の栽培方法

「西海134号」の栽培方法

西海134号の栽培のポイントは、大粒になるようにすることと、糖度を高くすることです。大粒にすることで、より多くの甘みを持つようになります。糖度を高くすることで、より甘く、またより芳醇な味わいになります。

栽培は、まず「育苗」から始まります。種をまいて、苗を育てます。苗が育ったら田植えの準備を整え、田んぼに苗を植えて育てていきます。育てていくうえで、水の管理や肥料の管理を適切に行うことが大切です。水は、苗が枯れないように、また、雑草が生えないように、適切に管理する必要があります。肥料は、苗の生育を促すために、適切な量とタイミングで与える必要があります。

稲穂が実ったら、収穫を行います。収穫は、稲穂が熟したときに行います。稲穂を刈り取り、天日干しをして乾燥させます。乾燥させた稲穂を脱穀して、玄米にします。玄米を精米して、白米にします。白米を酒米として使用します。

タイトルとURLをコピーしました