杓子せんべい:広島県廿日市市の銘菓

スポンサーリンク

杓子せんべい:広島県廿日市市の銘菓

杓子せんべいとは。

広島県廿日市市にある藤井屋さんが製造・販売する宮島の特産品である杓子せんべいは、御杓子の形をしたせんべい。

杓子せんべいの由来と歴史

杓子せんべいの由来と歴史

杓子せんべいは、広島県廿日市市の銘菓です。杓子せんべいの由来は、江戸時代の初め、廿日市にやってきた僧侶が杓子を使ってせんべいを焼いたことに由来しています。その後、杓子せんべいは、廿日市の名物となり、江戸時代には広島藩に献上されていました。明治時代に入り、杓子せんべいは、全国各地に広まり、現在では、日本を代表するせんべいの1つとなっています。

杓子せんべいは、小麦粉、砂糖、卵、バターを原料として作られています。生地を伸ばして杓子で型を抜き、オーブンで焼き上げます。杓子せんべいは、パリパリとした食感と、甘酸っぱい風味が特徴です。また、杓子せんべいは、縁起の良いお菓子とされており、お祝い事や贈り物として人気があります。

杓子せんべいの製造工程と特徴

杓子せんべいの製造工程と特徴

杓子せんべいは、広島県廿日市市の銘菓として知られる、素朴な味わいのせんべいです。その歴史は古く、江戸時代にはすでに製造されていたとされています。

杓子せんべいの製造工程は、まず米粉と砂糖を混ぜて生地を作るところから始まります。生地ができたら、それを薄い円形に伸ばして、杓子(しゃもじ)の形に成形します。成形した生地を油で揚げると、杓子せんべいが完成します。

杓子せんべいの特徴は、その素朴な味わいと、サクッとした食感です。また、縁起の良い食べ物としても知られており、お祝い事や贈答品などに用いられることが多いです。

杓子せんべいは、広島県廿日市市にある杓子せんべい本舗をはじめ、市内各所の土産物店で購入することができます。また、インターネット通販でも取り扱っている店舗があります。

杓子せんべいの定番商品と新商品

杓子せんべいの定番商品と新商品

杓子せんべいの定番商品と新商品

杓子せんべいの定番商品は、何といっても「杓子せんべい」です。小麦粉、砂糖、卵を主原料とした生地を薄く伸ばし、杓子のような形に成形して焼き上げたものです。素朴な味わいで、老若男女問わず親しまれています。

杓子せんべいの新商品としては、「杓子ショコラ」が挙げられます。杓子せんべいをチョコレートでコーティングしたもので、パリッとした食感と濃厚なチョコレートの甘みが特徴です。また、「杓子チーズ」は、杓子せんべいにチーズパウダーをまぶしたもので、サクサクとした食感とチーズの風味を楽しむことができます。

杓子せんべいの定番商品と新商品は、どちらもそれぞれに魅力があります。定番商品は、素朴な味わいで懐かしさを感じさせる商品です。新商品は、斬新なアイデアで新しい味覚を生み出した商品です。どちらも、杓子せんべいの魅力を存分に味わうことができる商品です。

タイトルとURLをコピーしました