「シャンセン」とは?知られざる台風の名前

スポンサーリンク

「シャンセン」とは?知られざる台風の名前

シャンセンとは。

シャンセンは、台風委員会が2000年に定めた台風の国際名です。台風番号は第20号で、ラオスによって命名されました。2006年にフィリピンに大きな被害をもたらした台風15号での使用が最後で、その後「リーピ」と名前が変更されました。

シャンセンという名の由来

シャンセンという名の由来

シャンセン(シャンセンとも呼ばれる)は、タイ語で「雷雨」を意味する「Changsuek」に由来しています。これは、台風の際に降る激しい雷雨を指します。この名前は、1979年にタイ気象局によって提案され、翌年、世界気象機関によって正式に採用されました。シャンセンという名前は、台風の強さを表すために使用されることはありませんが、台風の到来を警告するために使用されることがあります。また、熱帯低気圧の名前としてしばしば使用されています。

シャンセンに代わって使われるようになった台風名は?

シャンセンに代わって使われるようになった台風名は?

「シャンセン」という台風名は、1959年に発生した台風25号に初めて使用されました。その後、1960年と1962年に再び「シャンセン」という台風が発生しましたが、1963年以降は使用されなくなりました。

「シャンセン」に代わって使用されるようになった台風名は、「チャンホン」です。「チャンホン」は、中国語で「長寿」を意味する言葉で、1964年に発生した台風22号に初めて使用されました。その後、「チャンホン」という台風は、1966年、1968年、1970年、1972年、1974年、1976年、1978年、1980年、1982年、1984年、1986年に発生しました。

「シャンセン」という台風名は、1963年以降使用されなくなりましたが、「チャンホン」という台風名は、20年以上使用され続けました。これは、「チャンホン」という台風名が、人々に親しまれ、記憶に残っていたためと考えられます。

タイトルとURLをコピーしました