新あづま – 埼玉県が誇る漬物用半結球白菜

スポンサーリンク

新あづま – 埼玉県が誇る漬物用半結球白菜

新あづまとは。

埼玉県を代表する伝統野菜である新あづまは、主に漬物に向いたハクサイです。丸い形をしており、やわらかくてみずみずしいのが特徴です。

新あづまの特徴

新あづまの特徴

-新あづまの特徴-

新あづまは、埼玉県のオリジナル品種である漬物用半結球白菜です。従来の品種よりも漬物に適した特徴を備えており、埼玉県の漬物産業の発展に貢献しています。

新あづまの大きな特徴のひとつは、その形です。一般的な白菜は円柱形をしていますが、新あづまは半結球形をしています。この形により、漬物にしたときに白菜の間に隙間ができ、漬かり液がまんべんなく染み込みやすくなります。

また、新あづまは、葉が薄くやわらかいのも特徴です。このため、漬物にしたときに歯ざわりがよく、おいしく食べることができます。さらに、新あづまは、病害虫に強く、栽培しやすいという特徴もあります。

新あづまは、埼玉県の誇る漬物用半結球白菜です。その特徴を活かした漬物は、埼玉県の郷土料理として親しまれています。

新あづまの産地

新あづまの産地

新あづまの産地

新あづまの産地は、埼玉県です。埼玉県は、日本有数の漬物用の白菜の産地であり、その中でも新あづまは、埼玉県の特産品として知られています。新あづまは、埼玉県の気候風土に適しており、豊かな土壌と温暖な気候で栽培されています。新あづまの産地は、埼玉県東部の利根川流域に位置する市町村です。主な産地は、加須市、久喜市、幸手市、白岡市、蓮田市などです。これらの地域は、利根川の水を利用した農業が盛んな地域であり、新あづまの栽培に適した環境が整っています。

新あづまの栽培方法

新あづまの栽培方法

新あづまの栽培は、種まきから収穫まで約120日間です。春に種をまき、夏の間は畑で育てます。秋になると、白菜は頭を持ち上げ、葉が重なり合って結球し始めます。結球したら、収穫の適期です。収穫後は、白菜を漬物にして、冬の間のおかずとして楽しみます。

新あづまの栽培方法は、他の白菜とほぼ同じですが、いくつか注意する点があります。まず、新あづまは高温に弱いので、夏の間は畑を涼しく保つ必要があります。また、新あづまは病害虫に弱いので、定期的に防除することが大切です。

新あづまを栽培する際には、土作りにも気を配りましょう。新あづまは水はけのよい土壌を好むので、畑を耕す前に堆肥や完熟たい肥を混ぜておくとよいでしょう。また、新あづまは肥料をたくさん必要とするので、定期的に追肥を行うことも大切です。

新あづまの収穫時期は、11月から12月頃です。白菜が結球したら、葉が重なり合っている部分の付け根から切り取ります。収穫後は、白菜を漬物にして、冬の間のおかずとして楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました