白岩焼:秋田県仙北市の伝統工芸

スポンサーリンク

白岩焼:秋田県仙北市の伝統工芸

白岩焼とは。

白岩焼は、秋田県仙北市の角館で生産される焼き物です。その起源は、明和年間に角館に開かれた窯まで遡ります。しかし、1896年に発生した真昼山地震により大きな打撃を受け、1901年には一度生産が途絶えてしまいました。その後、1975年に復興し、現在も伝統的な技法を用いて作られています。

白岩焼の歴史

白岩焼の歴史

白岩焼の歴史

白岩焼の歴史は古く、約200年前の江戸時代後期に始まるとされます。秋田県仙北市角館町白岩地区に居住していた、田中屋儀右衛門が白岩山で良質な陶土を発見したのがきっかけです。儀右衛門は、この陶土を使って焼き物を作り始め、その作品が評判となり、白岩焼として広く知られるようになりました。

白岩焼は、素朴で温かみのある風合いが特徴です。原料となる陶土は、白岩山の麓にある白岩粘土層から採掘されます。白岩粘土は、鉄分が少なく、白く透き通った美しい陶土です。この陶土を使って作られる白岩焼は、白く濁ったような色合いになり、独特の風合いを持ちます。

陶芸の技法は、手びねりや轆轤(ろくろ)成形が主流です。伝統的な文様は、松竹梅や鶴亀などの吉祥文様が多く、また、白岩焼の特徴的な文様として「白岩縞」があります。白岩縞は、白岩粘土の自然なしま模様を生かした文様で、白岩焼の代名詞ともいえる文様です。

白岩焼は、その独特の風合いと高い品質が評価され、江戸時代には、秋田藩主のお抱えの陶工に任命されるなど、藩の庇護を受けて発展しました。明治時代になると、白岩焼は海外にも輸出されるようになり、その名声は世界中に広がりました。

しかし、大正時代以降、白岩焼は衰退の一途をたどります。原因は、機械化された大量生産の陶磁器の台頭や、生活様式の変化などがあげられます。白岩焼は、一度は廃窯寸前まで追い込まれますが、地元の陶芸家や有志の努力により、復活を果たしました。現在、白岩焼は、仙北市角館町の伝統工芸として大切に受け継がれています。

白岩焼の特徴

白岩焼の特徴

「白岩焼の特徴」

白岩焼は、秋田県仙北市で作られる伝統工芸品です。白岩焼の特徴は、白く透明感のある磁器です。その透明感は、白岩焼が作られる際に使われる白岩土によるものです。白岩土は、鉄分が少なく、純度の高い粘土です。この白岩土を、高温で焼成することで、白く透明感のある磁器が作られます。

白岩焼は、その白さと透明感に加えて、使い勝手の良さが特徴です。白岩焼は、丈夫で割れにくく、電子レンジや食器洗浄機にも対応しています。また、白岩焼は、熱伝導率が高く、料理を温めたり冷やしたりするのに適しています。

白岩焼は、その白さと透明感、使い勝手の良さが評価され、全国各地で販売されています。また、白岩焼は、海外でも人気が高く、ヨーロッパやアメリカ、アジア各国に輸出されています。

白岩焼の復興と現状

白岩焼の復興と現状

白岩焼の復興と現状

白岩焼は、秋田県仙北市で生産されてきた伝統工芸です。白岩焼は、江戸時代初期に開窯し、その独特の風合いから、茶人に愛されてきました。しかし、明治時代以降、機械生産による大量生産の陶磁器が普及したことで、白岩焼は衰退してしまいました。昭和に入ると、白岩焼の復興運動が起こり、地元の窯元や有志によって白岩焼の生産が再開されました。現在は、白岩焼の生産量は増加傾向にあり、全国各地で販売されています。白岩焼は、その美しい風合いと独特の技法から、再び注目を集めています。

白岩焼の生産は、主に仙北市の白岩地区で行われています。白岩地区は、良質な陶土が採れることで知られており、白岩焼の生産に適しています。白岩焼の生産方法は、江戸時代から受け継がれた伝統的な手法が用いられています。白岩焼の原料となる土は、白岩地区で採掘されます。採掘された土は、水に浸して柔らかくしてから、ろ過して不純物を取り除きます。ろ過された土は、粘土状になるまで練り上げられます。練り上げられた粘土は、ろくろで成形されます。成形された器物は、乾燥させ、窯で焼かれます。窯で焼かれた器物は、絵付けや釉薬を施されて完成します。

タイトルとURLをコピーしました