スリング・ブレイドとは?その歴史と解説

スポンサーリンク

スリング・ブレイドとは?その歴史と解説

スリング・ブレイドとは。

スリング・ブレイドとは、プロレス技の一つで、走り込んで相手の喉に腕を掛け、回転しながら床に叩きつける技です。日本人レスラーの棚橋弘至が得意技として知られ、彼の代名詞的な技となっています。

スリング・ブレイドの歴史

スリング・ブレイドの歴史

-スリング・ブレイドの歴史-

スリング・ブレイドは、アメリカ合衆国アーカンソー州の小さな町、ブラック・ウォーターを舞台とした1996年のアメリカのドラマ映画である。アッシャー・マニング監督、主演、脚本はビリー・ボブ・ソーントン。身体障害を持つ殺人犯、カール・チルダーズの物語である。チルダーズは、刑務所から出所後、彼の町に戻り、老いた親友のビル・ブレナンと彼の娘、フランシスと暮らすことになる。チルダーズは、フランシスとその友人、ドディと友達になり、町の生活に適応しようとするが、彼の過去は彼を苦しめ続ける。

スリング・ブレイドは、1996年のサン・セバスティアン国際映画祭で上映され、最優秀監督賞を受賞した。また、1997年のアカデミー賞で、ソーントンは最優秀脚色賞にノミネートされた。スリング・ブレイドは、批評家から絶賛され、ソーントンの演技とマニングの脚本と演出が特に高く評価された。スリング・ブレイドは、アメリカ映画協会の「アメリカ映画ベスト100」に選出され、アメリカ国立フィルム登録簿に登録されている。

スリング・ブレイドは、カルト映画となり、ソーントンのキャリアをスタートさせ、マニングは映画監督として認められるようになった。スリング・ブレイドは、後にテレビシリーズ化され、2005年から2006年までTNTで放送された。

スリング・ブレイドの解説

スリング・ブレイドの解説

スリング・ブレイドの解説

スリング・ブレイドは、デビッド・リンチ監督による1996年のアメリカ映画である。この映画は、精神障害を抱えた男カール(ビリー・ボブ・ソーントン)が、故郷の町に戻り、そこで起こるさまざまな事件に巻き込まれる物語である。

カールは、幼い頃に父親を殺し、それ以来、精神障害に苦しんでいる。彼は、精神病院に入院しており、そこで治療を受けている。しかし、彼は故郷の町に帰りたいという思いを強く持っている。そして、ある日、彼はついに退院し、町に戻る。

町に戻ったカールは、さまざまな事件に巻き込まれる。彼は、地元のギャングとトラブルを起こしたり、恋をしたり、そして、父親の死の真相を突き止めようとする。また、彼は、地元の人々からさまざまな偏見や差別を受ける。しかし、彼は、それらを乗り越えて、故郷の町での生活を再建しようとする。

スリング・ブレイドは、人間の内面をリアルに描いた映画である。また、この映画には、暴力や差別など、さまざまな社会問題が描かれている。この映画は、公開当時、大きな話題となり、多くの賞を受賞した。

スリング・ブレイドの応用技

スリング・ブレイドの応用技

スリング・ブレイドの応用技

スリング・ブレイドは、関節を外すという目的以外に、様々な応用技があります。その中でも代表的なものをいくつか紹介します。

まず、関節を外した後に、関節を固定する筋肉を切断して脱臼状態にする「ブレイク」があります。これは、関節を固定する筋肉が切断されると、関節が固定されなくなり、完全に脱臼した状態になります。これは、関節を固定する筋肉が切断されると、関節が固定されなくなり、完全に脱臼した状態になります。これは、より深刻な怪我であり、治療が困難になる可能性があります。

また、関節を外した後に、関節の周りに包帯を巻いて固定する「テーピング」があります。これは、関節を固定して安定させることで、怪我の悪化を防ぐことができます。テーピングは、応急処置として行われることが多く、その後、適切な治療を受ける必要があります。

さらに、関節を外した後に、関節の周りにギプスを巻いて固定する「ギプス固定」があります。これは、テーピングよりも強力に固定することができ、怪我の悪化を防ぐことができます。ギプス固定は、テーピングと同じく、応急処置として行われることが多く、その後、適切な治療を受ける必要があります。

タイトルとURLをコピーしました