「スノーレッツ」とは?フクロウがモチーフの4匹のオリンピックマスコット

スポンサーリンク

「スノーレッツ」とは?フクロウがモチーフの4匹のオリンピックマスコット

スノーレッツとは。

1998年に長野で開催された冬季オリンピックの公式マスコットがスノーレッツです。スノーレッツは、フクロウがモチーフの4人組で、それぞれスッキー、ノッキー、レッキー、ツッキーという名前です。

「スノーレッツ」とは?

「スノーレッツ」とは?

「スノーレッツ」とは、2022年北京オリンピック・パラリンピックのマスコットのことです。白いフクロウをモチーフにした4匹のキャラクターで、「ビン・ドゥンドゥン」「シュエ・ロンロン」「レイレイ」「ファンファン」という名前がつけられています。

「ビン・ドゥンドゥン」は、「氷」と「北京」を組み合わせた名前で、オリンピックのマスコットです。宇宙服を着た氷の妖精で、頭にはハートの形をした「オリンピックの精神」の結晶を掲げています。

「シュエ・ロンロン」は、「雪」と「穀物」を組み合わせた名前で、パラリンピックのマスコットです。中国の伝統的な剪紙(切り絵)をモチーフにしたキャラクターで、ハートの形をした「パラリンピックの精神」の結晶を掲げています。

「レイレイ」と「ファンファン」は、パンダをモチーフにした双子のマスコットで、オリンピックとパラリンピックのボランティアのマスコットです。「レイレイ」は「氷の帯」を意味する名前で、「ファンファン」は「雪の輪」を意味する名前です。2匹は、雪や氷で覆われたオリンピックパークのスポーツ施設を紹介しています。

「スノーレッツ」は、北京オリンピック・パラリンピックの開催を祝うとともに、世界中の人々に平和や友好、調和のメッセージを発信するために作成されました。また、中国の文化や歴史を世界に紹介する役割も担っています。

「スノーレッツ」の4匹を紹介

「スノーレッツ」の4匹を紹介

「スノーレッツ」とは?フクロウがモチーフの4匹のオリンピックマスコット

北京オリンピックのマスコットは「スノーレッツ」という4匹のフクロウで​​す。それらは、中国の伝統的な文化と現代の流行を組み合わせたものであり、各フクロウはオリンピック精神の異なる側面を反映しています。

「スノーレッツ」の4匹を紹介

スノーレッツの一番目のマスコットは、一緒に滑り降りる準備が整ったスキーヤーの「ビン・ドゥンドゥン」です。彼は団結と友情の精神を体現しており、彼の名前は中国語で「氷の皮を持つ男の子」を意味します。

2番目のマスコットは、スケートで氷の上を滑る宇宙飛行士の「シュエン・ルオンルオン」です。彼女は平和と調和の精神を体現しており、彼女の名前は中国語で「雪の舞う中を飛ぶ」を意味します。

3番目のマスコットは、ブイブイラニングで雪山を駆け下りるアイスホッケーの「チーリン」です。彼は卓越性と健康の精神を体現しており、彼の名前は中国語で「ラッキー」を意味します。

4番目のマスコットは、カーリングの「ユーユエンジャン」です。彼は忍耐と決意の精神を体現しており、彼の名前は中国語で「夢をもたらす雪雲」を意味します。

「スノーレッツ」の誕生秘話

「スノーレッツ」の誕生秘話

「スノーレッツ」は、2018年平昌冬季オリンピックのマスコットです。フクロウをモチーフにした4匹のキャラクターで、それぞれ「スホラン」「バンダビ」「コンコンイ」「アオリ」という名前があります。

「スノーレッツ」は、2015年12月に一般公募で決定されました。応募総数は4,300点以上で、その中から厳正な審査を経て、「スノーレッツ」が選ばれました。

「スノーレッツ」の誕生には、韓国の伝統文化や風習が反映されています。例えば、スホランとバンダビは、韓国の伝統的な舞踊である「タルチュム」をモチーフにしています。コンコンイは、韓国の伝統的な楽器である「コムンゴ」をモチーフにしています。アオリは、韓国の伝統的な仮面劇である「タルノリ」をモチーフにしています。

「スノーレッツ」は、韓国の伝統文化や風習を世界中に発信する役割を果たしています。また、「スノーレッツ」は、平昌冬季オリンピックを盛り上げるために、さまざまなイベントに登場しています。

タイトルとURLをコピーしました