「そらみつ」:奈良県生駒市のゴールデンラビットビールが企画・販売するクラフトビール

スポンサーリンク

「そらみつ」:奈良県生駒市のゴールデンラビットビールが企画・販売するクラフトビール

そらみつとは。

奈良県生駒市にあるゴールデンラビットビールが企画・販売するクラフトビールの銘柄が「そらみつ」です。そらみつは、チェコ産の高級ファインアロマホップを使用したピルスナーです。名称の「そらみつ」とは、「大和」にかかる枕詞となっています。

「大和」にかかる枕詞が由来

「大和」にかかる枕詞が由来

奈良県生駒市のゴールデンラビットビールが企画・販売するクラフトビール「そらみつ」の名称は、「大和」にかかる枕詞が由来となっています。「そらみ」とは、「空を仰ぐ」という意味で、奈良県の広い空をイメージさせる言葉です。また、奈良県は「大和」とも呼ばれ、「そらみ」という枕詞がついたのは、奈良県の広大な空の下で育まれた豊かな自然の恵みを象徴しているからです。

「そらみつ」は、奈良県産の麦芽とホップを使用し、奈良県の水で仕込んだクラフトビールです。奈良県の豊かな自然の恵みを活かした、爽やかな飲み口と豊かな味わいが特徴です。また、「そらみつ」には、奈良県の伝統文化や歴史を伝えるという意味も込められています。奈良県は、日本最古の都である奈良市や、世界遺産である東大寺や法隆寺など、多くの歴史的建造物があることで知られています。「そらみつ」を飲むことで、奈良県の歴史や文化に触れることができます。

チェコ産ファインアロマホップを使用

チェコ産ファインアロマホップを使用

チェコ産ファインアロマホップを使用

「そらみつ」のもうひとつの特徴は、チェコ産ファインアロマホップを使用していることです。このホップは、チェコ共和国のザーツ地方で栽培されており、その名の通り、繊細で芳醇な香りが特徴です。このホップを使用することで、「そらみつ」は、爽やかながらもコクのある味わいに仕上がっています。

「そらみつ」は、奈良県生駒市のゴールデンラビットビールが企画・販売するクラフトビールです。このビールは、チェコ産のファインアロマホップを使用しており、爽やかながらもコクのある味わいが特徴です。また、「そらみつ」は、日本の伝統的な食材である米を使用しており、日本の風土に合ったクラフトビールに仕上がっています。

ピルスナータイプで爽やかな味わいが特徴

ピルスナータイプで爽やかな味わいが特徴

ピルスナータイプで爽やかな味わいが特徴

ゴールデンラビットビールの「そらみつ」は、ピルスナータイプのクラフトビールで、爽やかな味わいが特徴です。ピルスナーはチェコ発祥のビールスタイルで、世界中で人気があります。その特徴は、麦芽の甘みとホップの苦味のバランスが良く、すっきりとした飲み口であることです。「そらみつ」もこのピルスナーの特徴を踏襲しており、暑い日でもぐいぐい飲める爽快なビールに仕上がっています。

「そらみつ」のもうひとつの特徴は、奈良県産の小麦を使っていることです。小麦はビール造りに欠かせない原料のひとつですが、日本ではほとんど生産されていません。そのため、日本のクラフトビールの多くは外国産の小麦を使っています。しかし、「そらみつ」は奈良県産の小麦を使うことで、地産地消を実現しています。奈良県産の小麦は、日本の小麦の中でも特に品質が高いことで知られており、「そらみつ」の爽やかな味わいに貢献しています。

「そらみつ」は、奈良県生駒市のゴールデンラビットビールが企画・販売するクラフトビールです。ゴールデンラビットビールは、2017年に設立されたばかりの新しいブルワリーですが、早くもそのビールの品質の高さが評価され、注目を集めています。「そらみつ」もそのひとつで、爽やかな味わいで暑い日でもぐいぐい飲めるビールとして人気があります。

タイトルとURLをコピーしました