スターガード粒剤を徹底解説!害虫予防に効果的

スポンサーリンク

スターガード粒剤を徹底解説!害虫予防に効果的

スターガード粒剤とは。

スターガード粒剤は、アース製薬が販売している、粒状の害虫予防剤です。植物の植え付け時に土に撒いて、害虫の予防を目的として使用します。アースガーデンシリーズの一つです。

スターガード粒剤とは何か?

スターガード粒剤とは何か?

スターガード粒剤とは、害虫の駆除や予防に効果的な殺虫剤の一種です。有効成分として、クロチアニジンとジノテフランの2つの成分を配合しており、それぞれが異なる作用機序で害虫を駆除します。クロチアニジンは、害虫の神経系に作用して神経伝達を阻害し、ジノテフランは、害虫の呼吸器官を塞いで窒息死させる効果があります。これら2つの成分が相乗効果を発揮することで、幅広い害虫を駆除することができます。

スターガード粒剤は、水に溶かして使用する水和剤タイプのほか、そのまま撒くことができる粒剤タイプなど、さまざまな剤型があります。水和剤タイプは、水で希釈して散布することで、作物や花壇、芝生などに使用することができます。粒剤タイプは、そのまま撒くだけで使用することができ、特に家庭菜園やベランダなどの狭い場所での使用に適しています。

スターガード粒剤は、害虫の駆除や予防に効果的ですが、使用上の注意点もあります。使用前に必ずラベルをよく読み、使用方法や使用量を守って使用することが大切です。また、スターガード粒剤は、魚類や水生生物に有害なため、河川や池などの水域近くでの使用は避ける必要があります。

スターガード粒剤の使用方法

スターガード粒剤の使用方法

スターガード粒剤の使用方法

スターガード粒剤は、水で薄めて使用するタイプの殺虫剤です。使用方法は以下の通りです。

1. まず、使用したい量を計量します。
2. 次に、水で希釈します。
3. 最後に、害虫が発生している場所に散布します。

散布する際は、風向きに注意しましょう。また、目や口に入らないように注意してください。

スターガード粒剤は、害虫の駆除に効果的な殺虫剤です。しかし、使用方法を誤ると、思わぬ事故につながる可能性があります。そこで、使用前に必ず使用方法を確認してください。

スターガード粒剤の効果と持続期間

スターガード粒剤の効果と持続期間

スターガード粒剤は、有効成分であるオキサジアゾール系化合物(イソプロチオラン)を含む殺虫剤で、害虫の予防に効果を発揮します。顆粒状の製剤で、土壌や植物の根元に散布することで使用します。

スターガード粒剤の効果は、害虫の種類や散布量、土壌条件によって異なりますが、一般的に、散布後2~3週間程度持続します。持続期間中は、害虫の侵入や繁殖を抑えることができます。

効果的な散布量としては、土壌1平米あたり10~20g程度を目安とします。散布する際は、事前に土壌を耕してよく砕いておくと、薬剤の効果が高まります。また、散布後は、水やりをして薬剤を土壌に浸透させましょう。

スターガード粒剤は、害虫の予防に効果的な殺虫剤ですが、使用上の注意が必要です。散布する際は、手袋やマスクなどの防護具を着用し、薬剤が皮膚や目に入らないようにしましょう。また、散布後は、薬剤が完全に乾くまで、ペットや子供を近づけないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました