スゲヌマ:日本ダービー優勝馬

スポンサーリンク

スゲヌマ:日本ダービー優勝馬

スゲヌマとは。

スゲヌマは、1935年に日本で誕生した競走馬です。オスの競走馬で、1938年に日本ダービーというレースで優勝しました。

スゲヌマの血統と生い立ち

スゲヌマの血統と生い立ち

-スゲヌマの血統と生い立ち-

スゲヌマは、2019年4月11日に北海道新冠町のビッグレッドファームで生まれたサラブレッドの競走馬である。父は、2013年の日本ダービーと2014年のジャパンカップを制したエピファネイア。母は、2014年の桜花賞馬ハープスター。母の父は、2010年の皐月賞と日本ダービーを制したディープインパクトである。スゲヌマの血統は、日本競馬史上屈指の名馬が揃ったものとなっている。

スゲヌマは、生まれた時から期待の大きい馬であった。2020年8月に栗東トレーニングセンターの藤岡健一厩舎に入厩。デビュー戦となった同年9月6日の阪神競馬場の新馬戦(芝1800メートル)では、単勝1.3倍の圧倒的な1番人気に支持された。しかし、15着と大敗を喫した。

その後、スゲヌマは10月4日の東京競馬場の新馬戦(芝2000メートル)で2着、11月15日の京都競馬場の未勝利戦(芝2000メートル)で3着と、勝ちきれないレースが続いた。しかし、12月13日の阪神競馬場の未勝利戦(ダート1800メートル)で、1番人気に応えて初勝利を挙げた。

スゲヌマの競走成績

スゲヌマの競走成績

スゲヌマの競走成績

スゲヌマは、1980年生まれのサラブレッドの競走馬です。父はヒンドスタン、母はマドンナブルーム、母の父はネヴァービートです。馬主は近藤利一、調教師は高松邦男です。スゲヌマは、1982年の皐月賞と日本ダービーを制しました。皐月賞では、1番人気に支持されていたミスターシービーを破って勝利しました。日本ダービーでは、2番人気に支持されていたカツトップエースを破って勝利しました。スゲヌマは、日本ダービーを制した最初の外国産馬となりました。スゲヌマは、1983年の天皇賞(春)で2着に入りました。スゲヌマは、1984年に引退しました。スゲヌマは、19馬場で4勝を挙げました。獲得賞金は3億5,810万円です。スゲヌマは、1983年にJRA賞最優秀3歳牡馬に選出されました。スゲヌマは、1991年にJRA殿堂馬に選出されました。

スゲヌマの引退後

スゲヌマの引退後

スゲヌマは、1972年に日本ダービーを優勝したサラブレッドです。その優れた成績から、引退後は種牡馬として活躍しました。

スゲヌマは、1974年から種牡馬となり、1988年まで種付けを行いました。その間に、2,200頭以上の仔馬を産み出し、そのうち700頭以上が勝ち馬となりました。スゲヌマの代表的な産駒には、1988年の皐月賞を優勝したサクラチヨノオーや、1991年の東京優駿(日本ダービー)を優勝したトウカイテイオーなどがいます。

スゲヌマは、1990年に北海道浦河町の優駿スタリオンステーションで死亡しました。享年21歳でした。スゲヌマの死後、その功績を称えて、浦河町にスゲヌマの銅像が建立されました。

タイトルとURLをコピーしました