Suicaのペンギンを徹底解剖!

スポンサーリンク

Suicaのペンギンを徹底解剖!

Suicaのペンギンとは。

「Suicaのペンギン」とは、東日本旅客鉄道のICカード「Suica」のマスコットキャラクターのこと。愛称であり、正式な名前はありません。「ペンギン」とも呼ばれています。デザインは、絵本作家であるさかざきちはるさんです。

Suicaのペンギンの誕生秘話

Suicaのペンギンの誕生秘話

Suicaのペンギンの誕生秘話

Suicaのペンギンは、2001年にJR東日本が発行したICカード乗車券「Suica」のマスコットキャラクターとして誕生しました。デザインを手掛けたのは、イラストレーターのさかざきちはる氏です。

さかざき氏は、Suicaのペンギンのデザインについて、「Suicaという名前から、ペンギンをモチーフにしました。ペンギンは南極に生息する鳥ですが、南極はSuicaの利用エリアである首都圏とは対極にある場所です。しかし、ペンギンは南極の厳しい環境の中でたくましく生きています。そのたくましさとSuicaの便利さを重ね合わせて、Suicaのペンギンをデザインしました」と語っています。

また、さかざき氏は、Suicaのペンギンのデザインに込めた思いについて、「Suicaのペンギンは、Suicaの利用者一人ひとりを表しています。Suicaのペンギンは、Suicaを利用することで、便利で快適な移動生活を送ることができます。Suicaのペンギンは、Suicaの利用者一人ひとりの生活を豊かにすることを願ってデザインしました」と語っています。

Suicaのペンギンは、誕生以来、多くの人々に愛されるキャラクターとなりました。Suicaのペンギンは、Suicaの利用者一人ひとりを表し、Suicaの利用者一人ひとりの生活を豊かにすることを願ってデザインされたキャラクターなのです。

Suicaのペンギンの人気キャラクター

Suicaのペンギンの人気キャラクター

Suicaのペンギン 人気キャラクター

Suicaのペンギンは、その愛くるしい姿で子供から大人まで幅広く人気を集めています。駅やコンビニなど、さまざまな場所で目にすることができます。そんなSuicaのペンギンですが、実はさまざまなキャラクターが存在するのです。

Suicaのペンギンは、大きく分けて2種類に分類されます。一つは、JR東日本が発行しているSuicaのペンギンです。もう一つは、交通系ICカードであるSuicaのペンギンです。JR東日本が発行しているSuicaのペンギンは、主に黄色と青を基調としたデザインです。一方、交通系ICカードであるSuicaのペンギンは、白と青を基調としたデザインとなっています。

両者の大きな違いは、JR東日本が発行しているSuicaのペンギンは、JR東日本のエリアでしか利用できないという点です。一方、交通系ICカードであるSuicaのペンギンは、全国の交通機関で利用することができます。また、JR東日本が発行しているSuicaのペンギンは、チャージできる金額が上限で10万円までですが、交通系ICカードであるSuicaのペンギンは、チャージできる金額が上限で20万円までとなっています。

Suicaのペンギンは、その愛くるしい姿で多くの人々に愛されています。気軽に利用できるという点も、人気の理由の一つです。そんなSuicaのペンギンには、さまざまなキャラクターが存在します。ぜひ、お気に入りのキャラクターを見つけてみてください。

Suicaのペンギンのたまご

Suicaのペンギンのたまご

-Suicaのペンギンのたまご-

Suicaのペンギンは、東京都の非公認キャラクターとして親しまれているペンギンです。そのキュートな姿から、子供たちにも大人気です。そんなSuicaのペンギンには、たまごがいることをご存知でしょうか?

Suicaのペンギンのたまごは、2002年に誕生しました。名前は「ピッくん」といいます。ピッくんは、Suicaのペンギンのお腹の中から産まれました。その誕生は、大きな話題となりました。

ピッくんは、Suicaのペンギンと同じく、キュートな姿をしています。頭の上には、Suicaのロゴマークが入った帽子をかぶっています。ピッくんは、Suicaのペンギンと一緒に、様々なイベントに出演しています。

Suicaのペンギンのたまごは、Suicaのペンギンの家族の一員です。Suicaのペンギンと一緒に、私たちを楽しませてくれます。

タイトルとURLをコピーしました