大和の銘酒、睡龍の奥深さとは

スポンサーリンク

大和の銘酒、睡龍の奥深さとは

睡龍とは。

奈良県の株式会社久保本家酒造で造られている日本酒が睡龍です。

久保本家酒造の歴史と伝統

久保本家酒造の歴史と伝統

久保本家酒造の歴史と伝統

久保本家酒造は、奈良県大和郡山市にある老舗の酒蔵です。元禄3年(1690年)に創業し、以来300年以上もの間、酒造りを続けています。久保本家酒造の銘酒である「睡龍」は、そのふくよかな香りと柔らかな味わいで、全国的にも人気を博しています。

久保本家酒造の酒造りは、伝統的な手法にこだわっています。仕込み水には、地下100メートルから汲み上げた良質な天然水を使用しています。また、米は地元の契約農家から仕入れたものを使用し、酒造りはすべて手作業で行っています。久保本家酒造の酒蔵は、国の登録有形文化財に指定されており、その歴史と伝統を感じさせる佇まいです。

久保本家酒造の当主である久保本晴彦氏は、杜氏として酒造りを指揮しています。久保本氏は、伝統的な酒造りの手法を大切にしながらも、新しいことに挑戦する意欲も持っています。久保本氏の酒造りへの情熱は、睡龍の品質の高さを支えています。

睡龍の製法と特徴

睡龍の製法と特徴

睡龍の製法と特徴

睡龍は、奈良県御所市にある森正宗酒造株式会社が製造している日本酒です。その歴史は古く、江戸時代初期にまで遡ります。睡龍という名前の由来は、御所市にある龍王山から湧き出る泉の水を使用していることにあります。この泉の水は、清らかで甘みが強く、酒造りに適しているといわれています。

睡龍は、伝統的な製法で作られています。原料となる米は、地元で栽培された山田錦を使用しています。山田錦は、酒米の最高峰といわれており、睡龍の芳醇な香りとコクを生み出しています。また、仕込み水には、龍王山の泉の水を使用しています。この水は、ミネラルを豊富に含んでおり、睡龍のまろやかな味わいを引き出しています。

睡龍の特徴は、芳醇な香りときれいな味わいです。香りは、リンゴや洋梨のようなフルーティーな香りと、米の甘みのある香りが調和しています。味わいは、まろやかでキレがあります。口に含むと、米の旨みが広がり、後味には爽やかな酸味が残ります。睡龍は、冷やして飲んでも、燗にして飲んでもおいしくいただけます。

睡龍の楽しみ方とおすすめの料理

睡龍の楽しみ方とおすすめの料理

-睡龍の楽しみ方とおすすめの料理-

睡龍は、様々な料理と相性のよいお酒です。

まず、睡龍の代表的な楽しみ方として、お刺身とのマリアージュが挙げられます。睡龍のすっきりとした味わいは、お刺身の繊細な旨味を引き立てます。

また、睡龍は焼き魚との相性も抜群です。焼き魚の香ばしさと睡龍のふくよかな味わいが、口の中で調和します。

さらに、睡龍は煮物との相性も良好です。煮物の甘辛いタレと睡龍のまろやかな味わいが、互いの美味しさを引き立て合います。

このように、睡龍は様々な料理と相性のよいお酒です。ぜひ、お気に入りの料理と組み合わせて、睡龍の奥深さを堪能してみてください。

タイトルとURLをコピーしました