水前寺せりとは?熊本県の特産野菜の特徴と魅力

スポンサーリンク

水前寺せりとは?熊本県の特産野菜の特徴と魅力

水前寺せりとは。

水前寺せりとは、熊本県熊本市で栽培されるセリで、水前寺の湧水を利用して育てられています。熊本市では、「ひご野菜」に認定されています。

熊本県の特産野菜「水前寺せり」の特徴

熊本県の特産野菜「水前寺せり」の特徴

熊本県の特産野菜「水前寺せり」は、その名の通り、熊本市東区水前寺地区で栽培されているセリの一種です。水前寺せりは、一般的なセリよりも葉が大きく、茎が太く、香りが強いのが特徴です。また、水前寺せりは、アクが少なく、そのまま生で食べてもおいしくいただけます。

水前寺せりの旬は、11月から3月頃です。この時期になると、水前寺せりは、熊本県内のスーパーや直売所に出回り始めます。水前寺せりは、鍋物や煮物、天ぷらなど、さまざまな料理に使われますが、中でもおすすめなのは、水前寺せりの浅漬けです。水前寺せりの浅漬けは、水前寺せりを塩と酢で漬け込んだもので、シャキシャキとした食感とさっぱりとした酸味が特徴です。

水前寺せりの魅力

水前寺せりの魅力

水前寺せりの魅力

熊本県の特産野菜である水前寺せりは、その美しい緑と、シャキシャキとした食感、そして独特の香りが特徴です。水前寺せりは、江戸時代から栽培されており、熊本県の郷土料理である「馬刺し」や「辛子蓮根」にも欠かせない野菜です。

水前寺せりは、様々な料理に使用することができます。例えば、おひたし、煮物、天ぷら、鍋物など、さまざまな料理に適しています。また、水前寺せりは、その独特の香りを活かして、薬味として使用されることもあります。

水前寺せりは、熊本県の特産野菜として、全国各地に出荷されています。熊本県を訪れた際には、ぜひ水前寺せりを味わってみてください。

水前寺せりの生産方法

水前寺せりの生産方法

水前寺せりの生産方法

水前寺せりの栽培は、水田を利用して行われます。水田にせりの種を蒔き、水を入れて栽培します。水前寺せりは、水温が低いほど生育が良くなるため、冬期が収穫期となります。収穫は、手で一本一本刈り取って行われます。水前寺せりは、根の部分まで柔らかく、独特の風味と食感が特徴です。

水前寺せりは、熊本県の特産野菜として知られており、地元では鍋料理や炒め物などに多く利用されています。また、水前寺せりは、栄養価が高く、ビタミン類やミネラルが豊富に含まれています。特に、ビタミンCは、レモンの約3倍も含まれており、風邪予防や美肌効果が期待できます。

タイトルとURLをコピーしました