「すす竹長刀研ぎ」セーラー万年筆の受注生産万年筆

スポンサーリンク

「すす竹長刀研ぎ」セーラー万年筆の受注生産万年筆

すす竹長刀研ぎとは。

* 「すす竹長刀研ぎ」とは、セーラー万年筆株式会社が製造販売する万年筆の商品名です。
* キャップと胴には、100年以上をかけて囲炉裏の煙で燻された京都産の煤竹を使用しています。
* ペン先は通常よりも長い「長刀研ぎ」を採用しています。
* 受注生産のため、注文を受けてから製造されます。

万年筆の魅力と伝統

万年筆の魅力と伝統

万年筆の魅力とは、何でしょうか? 書き味、デザイン、伝統… そのすべてが万年筆の魅力です。万年筆は、書く道具というだけでなく、もはや一つの芸術品です。職人の手によって作られた万年筆は、一つ一つが唯一無二の存在です。

万年筆の歴史は古く、19世紀初頭にまで遡ります。ヨーロッパで誕生した万年筆は、瞬く間に世界中に広まり、人々に愛されるようになりました。万年筆の誕生以前は、人々は羽ペンや鉛筆を使って文章を書いていましたが、万年筆の登場によって、書くことがより快適になり、また、字がより美しく書けるようになりました。

万年筆は、さまざまなシーンで使用されています。ビジネスの場、学校の場、そして個人的な手紙を書くとき… 万年筆は、常に人々の傍らにあり、その人生を彩ってきました。万年筆には、長い歴史と伝統があります。そして、その伝統は現在も受け継がれています。職人の手によって作られた万年筆は、一つ一つが唯一無二の存在であり、その価値は永遠に失われることはありません。

「すす竹長刀研ぎ」の美しさ

「すす竹長刀研ぎ」の美しさ

「すす竹長刀研ぎ」の美しさ

「すす竹長刀研ぎ」は、セーラー万年筆が受注生産している万年筆です。その名の通り、軸にはすす竹が使用されており、独特の風合いが特徴です。すす竹とは、竹を燻して黒くしたもので、古くから茶道具や工芸品などに用いられてきました。

すす竹は、黒光りするような外観で、独特の光沢があります。「すす竹長刀研ぎ」では、このすす竹を軸に使用することで、高級感と重厚感ある万年筆に仕上げられています。また、すす竹は耐久性にも優れているため、長く愛用することができるのも魅力です。

「すす竹長刀研ぎ」のもう一つの特徴は、その研ぎ方です。万年筆のペン先は、通常は丸く削られていることが多いのですが、「すす竹長刀研ぎ」では、刀を研ぐように先端を細く研いでいます。これにより、鋭い切れ味と書きやすさを実現しています。

「すす竹長刀研ぎ」は、その美しさと書きやすさで、多くの人から愛されている万年筆です。

受注生産の特別な一本

受注生産の特別な一本

セーラー万年筆の受注生産万年筆「すす竹長刀研ぎ」は、書きやすさや芸術性を重視する方におすすめです。職人が丹念に作り上げた、エレガントでユニークな一本です。

この万年筆の特徴は、長刀研ぎのペン先です。長刀研ぎは、日本の伝統的な研ぎ方で、細い線から太い線まで表現できるのが特徴です。また、インクフローが良く、滑らかな書き心地も魅力です。

ボディは、日本の伝統的な竹をイメージした、すす竹を使用しています。すす竹は、竹を燻して黒く染めたもので、落ち着いた色合いと独特の風合いが特徴です。

「すす竹長刀研ぎ」は、受注生産のため、納品まで時間がかかりますが、その分、世界に一本だけの特別な万年筆を手に入れることができます。書きやすさと芸術性を兼ね備えたこの万年筆は、大切な方への贈り物にもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました