スズキ GS400→ 偉大なる4ストロークの伝説

スポンサーリンク

スズキ GS400→ 偉大なる4ストロークの伝説

GS400とは。

GS400は、スズキが1976年から製造・販売したオートバイです。排気量は398ccで、普通自動二輪車に分類されます。エンジンは空冷4ストローク2気筒DOHCで、400ccクラスでは同社初の4ストローク2気筒エンジンを採用しました。

GS400の歴史と背景

GS400の歴史と背景

GS400の歴史と背景

1970年代初頭、日本車は世界中を席巻し始めました。その中でもスズキは、GS400で世界に衝撃を与えました。GS400は、4ストロークエンジンのバイクとして世界で初めて時速100マイルに到達したのです。

GS400は、1976年に発売されました。当初はアメリカ市場をターゲットにしていましたが、すぐに世界中で人気を博しました。その人気の理由は、高性能なエンジン、優れたハンドリング、そして手頃な価格でした。

GS400は、スズキの成功に大きく貢献しました。スズキは、GS400を皮切りに、GSX-Rシリーズや隼など、数々の名車を世に送り出しました。そして今なお、スズキは世界有数のバイクメーカーとして君臨しています。

GS400のスペック

GS400のスペック

GS400のスペック

GS400は、1976年にスズキから発売された4ストローク空冷並列2気筒エンジンを搭載したオートバイです。最高出力は33馬力、最大トルクは3.1kg-mで、最高速度は160km/h以上を誇ります。車重は162kgと軽量で、取り回しが良く、乗りやすいオートバイとして人気を博しました。また、燃費も良く、リッターあたり25km以上を走行することが可能です。

GS400のエンジンは、スズキがそれまでに培ってきた技術を結集して開発されたもので、非常に信頼性が高く、耐久性に優れています。また、メンテナンスも容易で、初心者でも安心して乗ることができます。

GS400は、その優れた性能と信頼性から、長年にわたって多くのライダーに愛され続けているオートバイです。現在でも、中古市場で人気が高く、多くのライダーがGS400を求めています。

GS400の評価

GS400の評価

GS400の評価

GS400は、スズキの4ストロークエンジンの成功物語の始まりを示すモデルとして、多くのバイク愛好家から高く評価されています。その主な理由は、GS400が当時のライバル車よりも優れた性能、信頼性、乗り心地を備えていたことです。

まず、GS400は、最高出力35馬力を発揮する2気筒エンジンを搭載しており、その動力性能は当時の400ccクラスのバイクとしてはトップクラスでした。また、そのエンジンの信頼性も高く、ロングツーリングでも安心して走ることができるバイクとして人気を集めました。

さらに、GS400は、その乗り心地のよさも高く評価されました。サスペンションは前後にダブルショックを採用しており、路面の凹凸をしっかり吸収してくれるため、長距離走行でも疲れにくいバイクでした。また、シートも厚みがあり、長時間乗っていてもお尻が痛くなりにくいという特徴がありました。

これらの理由から、GS400は、当時のバイク愛好家から絶大な支持を集めました。そして、その人気は現在でも衰えることなく、中古車市場でも高値で取引されています。

タイトルとURLをコピーしました