スズキのサンパチ「GT380」の魅力を徹底解説

スポンサーリンク

スズキのサンパチ「GT380」の魅力を徹底解説

GT380とは。

GT380は、1972年から1976年までスズキが製造・販売したオートバイです。普通自動二輪車で、総排気量は371ccです。エンジン形式は空冷2ストローク3気筒で、通称「サンパチ」と呼ばれていました。

サンパチの歴史と誕生の背景

サンパチの歴史と誕生の背景

-サンパチの歴史と誕生の背景-

スズキのサンパチ「GT380」は、1972年に発売された2ストローク3気筒エンジンを搭載したオートバイです。サンパチという愛称は、排気量が380ccであることに由来しています。GT380は、スズキがそれまで生産していたGT750の弟分として開発されました。GT750は、1968年に発売された2ストローク3気筒エンジンを搭載したオートバイで、その優れた性能で人気を博していました。しかし、GT750は車体が大きく、重量が重いため、取り回しが難しく、初心者には不向きでした。そこで、スズキはGT750の性能をそのままに、車体と重量を小さくしたモデルを開発することにしました。それが、GT380です。

GT380は、GT750よりも車体が小さく、軽量であるため、取り回しが容易で、初心者にも扱いやすいオートバイでした。また、エンジンはGT750と同じく2ストローク3気筒エンジンを搭載しており、その優れた性能を発揮しました。GT380は、発売と同時に人気を博し、スズキの代表的なオートバイの一つとなりました。

サンパチの仕様と特徴

サンパチの仕様と特徴

サンパチの仕様と特徴

スズキのサンパチ「GT380」は、1972年に発売されたオートバイです。当時はまだ珍しかった2ストローク3気筒エンジンを搭載し、最高出力は37馬力、最高速度は180km/hを誇っていました。

サンパチのエンジンの特徴は何といってもそのエキゾーストノートです。3気筒エンジンならではの甲高いサウンドは、まさにサンパチの代名詞ともいえるでしょう。

また、サンパチは当時としては珍しいディスクブレーキやキャストホイールを採用しており、そのスタイリングも先鋭的で斬新でした。

サンパチは、その性能とスタイリングで発売当時から大きな人気を集めました。しかし、2ストロークエンジン特有の燃費の悪さや、排気ガスの規制が厳しくなるにつれて、徐々に販売台数を減らしていき、1977年には生産終了となりました。

現在では、サンパチは中古車でしか手に入りませんが、その人気は衰えていません。旧車ファンやコレクターの間では、サンパチは今もなお、憧れのオートバイとして君臨しています。

サンパチの魅力と評価

サンパチの魅力と評価

サンパチの魅力と評価

サンパチはその革新的なデザインと先進的な性能で、発売当時から大きな注目を集めました。その魅力は、主に以下の3点に集約されます。

・革新的なデザイン
サンパチは、それまでのオートバイのデザインの常識を覆す、斬新なスタイルを採用していました。低く構えた車体に、流線型のタンクとテールカウル、そして特徴的な角目ライト。そのデザインは、多くの人々に衝撃を与え、オートバイの新しい時代を感じさせました。

・先進的な性能
サンパチは、性能面でも非常に優れていました。当時としては最高峰の380cc 2ストロークエンジンを搭載し、最高出力は当時としては驚異の52馬力でした。車重も150kgを切る軽さだったので、その加速性能は非常に俊敏で、ライバルを圧倒しました。

・乗りやすさと快適性
サンパチは、その性能の高さにもかかわらず、乗りやすさと快適性にも配慮されていました。シートは厚く、ポジションも自然な姿勢でライディングすることができました。また、サスペンションも柔らかく、路面の凹凸をうまく吸収してくれました。

こうした魅力から、サンパチは発売当初から大きな人気を集め、販売台数は10万台を超えました。また、その後のオートバイのデザインや性能にも大きな影響を与えたと言われています。

しかし、サンパチにも弱点がありました。それは、燃費の悪さと信頼性の低さです。当時のオートバイとしては燃費が悪く、長距離ツーリングには不向きでした。また、故障も多発し、ユーザーを悩ませました。

こうした欠点にもかかわらず、サンパチは多くのオートバイファンに愛され続けています。その革新的なデザインと先進的な性能は、今もなお色褪せることなく、多くのライダーを魅了し続けています。

タイトルとURLをコピーしました