華麗なる必殺技「スウィート・チン・ミュージック」の徹底解剖

スポンサーリンク

華麗なる必殺技「スウィート・チン・ミュージック」の徹底解剖

スウィート・チン・ミュージックとは。

「スウィート・チン・ミュージック」とは、プロレス技の一種で、アメリカ人レスラー、ショーン・マイケルズが使用する得意技です。相手の顎や胸元を、足裏で蹴り上げる必殺技です。

スウィート・チン・ミュージック誕生の歴史

スウィート・チン・ミュージック誕生の歴史

華麗なる必殺技「スウィート・チン・ミュージック」の徹底解剖

スウィート・チン・ミュージック誕生の歴史

プロレス界に数々の名勝負、名レスラーを生み出してきた団体WWE。そのWWEで、一時代を築いたスーパースターといえば、ショーン・マイケルズだろう。その華麗な身のこなし、卓越した技巧は世界中を魅了した。そして、彼が必殺技として使用していたのが「スウィート・チン・ミュージック」である。

スウィート・チン・ミュージックは、マイケルズが大きくジャンプして相手の顎に踵を打ち込む技だ。シンプルな技だが、マイケルズの身体能力とテクニックが組み合わさることによって、強力かつ華麗な技として完成されている。この技は、マイケルズがWWEを席巻していた1990年代に数多くの勝利をもたらし、彼の代名詞となった。

スウィート・チン・ミュージックは、マイケルズが初代WWF世界ヘビー級王者を獲得した1996年のレッスルマニア12で初公開された。マイケルズは、この試合でブレット・ハートと対戦し、スウィート・チン・ミュージックで勝利を収めた。この試合は、WWE史に残る名勝負の一つとして知られている。

その後、マイケルズはスウィート・チン・ミュージックを必殺技として使用し続け、数々の勝利を収めた。また、彼はこの技をさまざまなバリエーションで使用し、対戦相手を翻弄した。スウィート・チン・ミュージックは、マイケルズの代名詞となり、彼をWWEのスーパースターとしての地位を確固たるものにした。

スウィート・チン・ミュージックを象徴する曲とあの決めポーズ

スウィート・チン・ミュージックを象徴する曲とあの決めポーズ

スウィート・チン・ミュージックを象徴する曲とあの決めポーズ

スウィート・チン・ミュージックを語る上で欠かせないのが、その入場曲と決めポーズである。入場曲は「Sexy Boy」という、イギリスのポップデュオ「デ・ロング」の楽曲で、軽快でノリの良いメロディーが特徴だ。この曲は、ショーン・マイケルズの華やかなキャラクターとスウィート・チン・ミュージックの切れ味を連想させるとして、ファンの間で人気を博した。

また、スウィート・チン・ミュージックの決めポーズも、その技の象徴となっている。マイケルズは、技を決めた後、両手を広げて「X」の字を作り、キメる。このポーズは「ハートブレイク・ポーズ」と呼ばれ、マイケルズの勝利をアピールする意味がある。このポーズは、マイケルズの代名詞ともなり、プロレスファンの間で広く知られるようになった。

この技を受けたレスラーたちと伝説の決着

この技を受けたレスラーたちと伝説の決着

華麗なる必殺技「スウィート・チン・ミュージック」の徹底解剖

「この技を受けたレスラーたちと伝説の決着」

ショーン・マイケルズの代名詞とも言うべき「スウィート・チン・ミュージック」は、その美しさ、威力、そして決着力が、数多くのレスラーを震撼させてきた。この技は、マイケルズの得意技である「ローリング・エルボー」の派生技であり、相手がロープに振った後、頭部を下げてコーナーに突っ込み、相手の顎に強烈なキックを叩き込むというシンプルなものだ。しかし、その単純さゆえに、マイケルズは、この技を、あらゆる状況で、効果的に使用することができる。

この技は、数々の名勝負を生んできた。中でも、1992年のサマースラムにおける、ブレット・ハートとの試合は、スウィート・チン・ミュージックの決定的な瞬間の一つである。この試合は、WWF王座を賭けた試合であり、両者ともに激闘を繰り広げた。終盤、ハートがマイケルズをコーナーに押し込み、必殺技の「シャープ・シューター」を狙った。しかし、マイケルズは、すんでのところで切り返して、カウンターのスウィート・チン・ミュージックを放った。ハートは、この一撃で失神し、マイケルズがWWF王座を奪取した。

スウィート・チン・ミュージックは、マイケルズがWWE史上最も偉大なレスラーの一人であることを証明する技である。この技は、マイケルズに数々の勝利と栄光をもたらし、そして、マイケルズの名を、プロレス史に刻みつけた。

タイトルとURLをコピーしました