「太陽の花」:秋田が生んだ芋焼酎の魅力

スポンサーリンク

「太陽の花」:秋田が生んだ芋焼酎の魅力

太陽の花とは。

「太陽の花」は、秋田県秋田県醗酵工業が製造販売する焼酎の商品名です。秋田県湯沢市産のサツマイモ「菊芋」を原材料に、米麹を原料とする本格芋焼酎です。

秋田県湯沢市産の菊芋を使用

秋田県湯沢市産の菊芋を使用

秋田県湯沢市産の菊芋を使用

「太陽の花」には、秋田県湯沢市産の菊芋が100%使用されています。菊芋は、キク科の多年草で、食用や薬用に利用される根菜です。菊芋は、食物繊維やイヌリンを豊富に含んでおり、健康に良いとされています。イヌリンは、水溶性食物繊維の一種で、腸内環境を整え、血糖値の上昇を抑制する効果があります。菊芋は、また、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸を豊富に含んでおり、抗酸化作用があります。菊芋は、秋田県湯沢市で盛んに栽培されており、高品質な菊芋が生産されています。「太陽の花」には、そんな高品質な菊芋が使用されているため、芋焼酎特有のクセがなく、まろやかな味わいが楽しめます。

本格芋焼酎の芳醇な味わい

本格芋焼酎の芳醇な味わい

「本格芋焼酎の芳醇な味わい」

「太陽の花」は、秋田県大仙市にある平鹿本店が製造する本格芋焼酎です。原料には、県内で契約栽培されたサツマイモ「黄金千貫」を使用しています。黄金千貫は、甘みが強く、焼酎に適した品種として知られています。「太陽の花」は、黄金千貫を丁寧に仕込み、常圧蒸留で仕上げた本格芋焼酎です。

「太陽の花」の特徴は、その芳醇な味わいです。黄金千貫の甘みが生きた、まろやかでコクのある味わいです。また、常圧蒸留ならではの、芋の風味がしっかりと感じられます。「太陽の花」は、ロックや水割り、お湯割りなど、さまざまな飲み方で楽しむことができます。

「太陽の花」は、秋田県を代表する本格芋焼酎として、全国的に人気を集めています。その芳醇な味わいは、芋焼酎好きにはたまらない逸品です。「太陽の花」を飲めば、秋田の豊かな自然を感じることができます。

飲み方いろいろ楽しめる芋焼酎

飲み方いろいろ楽しめる芋焼酎

「太陽の花」という秋田の地で生まれた芋焼酎の魅力の一つは、その多彩な飲み方です。ロックや水割り、お湯割りといった定番の飲み方から、ソーダ割りやカクテルなど、さまざまなバリエーションを楽しむことができます。

芋焼酎の香りと味わいをそのまま味わうなら、ロックがおすすめです。氷で冷やされた「太陽の花」は、すっきりとした口当たりと、芋焼酎特有のふくよかな風味が楽しめます。また、水割りは芋焼酎の香りを引き立て、より飲みやすくしてくれます。

お湯割りは、芋焼酎の甘みが際立つ飲み方です。温かいお湯で割ることで、芋焼酎の香りが立ち上がり、まろやかな口当たりになります。寒い季節にぴったりな飲み方です。

ソーダ割りは、芋焼酎の爽やかな香りを引き立て、暑い季節にぴったりな飲み方です。また、カクテルにすることで、芋焼酎の新しい一面を楽しむことができます。たとえば、「太陽の花」をオレンジジュースとレモン汁で割った「太陽の花サワー」は、フルーティーな味わいで女性にも人気です。

このように、「太陽の花」はさまざまな飲み方を楽しむことができる芋焼酎です。その日の気分や好みに合わせて、お好みの飲み方で楽しんでみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました