「しまんトロッコ」で行く 四国観光

スポンサーリンク

「しまんトロッコ」で行く 四国観光

しまんトロッコとは。

しまんトロッコとは、JR四国が観光客向けに運行している列車です。高知県の窪川駅から愛媛県の宇和島駅を結んでいます。2013年に運行を開始し、不定期で走っています。

しまんトロッコとは

しまんトロッコとは

しまんトロッコとは、愛媛県に位置する、下灘駅と八幡浜駅を結ぶトロッコ列車です。このトロッコ列車は、日本最西端の鉄道として知られており、沿線には美しい海や山などの自然が広がっています。

しまんトロッコは、1979年に開業し、当初は貨物列車として運行されていました。その後、1991年に観光列車として生まれ変わり、現在では多くの観光客が利用しています。しまんトロッコには、4両の車両があり、それぞれに異なる特徴があります。

1両目は、展望車両です。展望車両からは、車窓一面に広がる瀬戸内の海を眺めることができます。2両目は、セミオープン車両です。セミオープン車両は、屋根が開閉式になっており、車内から開放感あふれる景色を楽しむことができます。3両目は、ボックス席車両です。ボックス席車両は、グループでの利用に最適です。4両目は、カフェ車両です。カフェ車両では、軽食や飲み物を楽しむことができます。

しまんトロッコは、1日2便運行されています。所要時間は、約1時間30分です。しまんトロッコの運賃は、大人片道1,050円、小人片道520円です。しまんトロッコは、JR四国の駅から乗車券を購入することができます。

しまんトロッコの楽しみ方

しまんトロッコの楽しみ方

「しまんトロッコ」は、四国の美しい景色を満喫できる観光列車です。普通列車と異なり、速度が遅めで、車窓からゆっくりと景色を楽しむことができます。また、トロッコ列車なので、開放感があり、開放感があります。

「しまんトロッコ」の楽しみ方は、大きく分けて3つあります。1つ目は、車窓から眺める美しい景色です。四国は、山や川、海など、自然豊かな地域です。「しまんトロッコ」は、これらの美しい景色を車窓から眺めることができます。特に、秋には紅葉が美しく、絶景を楽しむことができます。

2つ目の楽しみ方は、トロッコ列車ならではの開放感です。普通列車とは異なり、「しまんトロッコ」はトロッコ列車なので、開放感があります。窓を開けて、外の風を感じながら旅を楽しむことができます。

3つ目の楽しみ方は、沿線の観光スポットです。「しまんトロッコ」は、四国の観光スポットを巡るように運行されています。途中下車をして、観光スポットを巡ることもできます。例えば、道後温泉や松山城、宇和島城など、四国の観光スポットを巡ることができます。

しまんトロッコの沿線で巡りたい観光スポット

しまんトロッコの沿線で巡りたい観光スポット

しまんトロッコの沿線には、美しい自然と歴史的建造物など、さまざまな観光スポットがあります。日和佐駅近くにある日和佐城跡は、戦国時代に築かれた城で、現在は城跡が残っています。城跡からは太平洋を一望でき、景色も抜群です。また、宍喰駅近くには、宍喰温泉があります。宍喰温泉は、古くから湯治場として親しまれてきた温泉で、泉質はアルカリ性単純温泉です。疲労回復や神経痛、筋肉痛などに効果があるとされています。

さらに、海部駅近くには、海部川の河口にある九十九島があります。九十九島は、大小さまざまな島々が点在する景勝地で、遊覧船に乗って島々を巡ることができます。また、田野駅近くには、田野ふれあい牧場があります。田野ふれあい牧場では、牛や馬、ヤギなどの動物と触れ合うことができます。

タイトルとURLをコピーしました