「クレパスワニス テクニカルコート」の効果を徹底解説

スポンサーリンク

「クレパスワニス テクニカルコート」の効果を徹底解説

クレパスワニス テクニカルコートとは。

クレパスワニス テクニカルコートとは、サクラクレパス株式会社が販売する「クレパス」シリーズの描画材料です。制作途中に使用する画面定着用スプレーで、画面上のクレパスを定着させて、汚れや滲みを防ぐ役割を果たします。

画面定着用スプレーとは何なのか

画面定着用スプレーとは何なのか

画面定着用スプレーとは、画面定着剤とも呼ばれ、鉛筆や木炭、スミ等の画面定着に適したスプレー塗料です。「クレパスワニス テクニカルコート」は、そのようなスプレー塗料のひとつで、画面の定着に役立ちます。鉛筆や木炭、スミ等で描いた絵は、定着されていない状態では、絵具などがこすれてしまったり、湿気で滲んでしまったりする可能性があります。画面定 着用スプレーを使うことで、これらの問題を防ぎ、絵を保護することができます。

画面定着用のスプレー塗料には、大きく分けて「クリヤータイプ」と「グロス(光沢)タイプ」の2種類があります。クリヤータイプは、画面を定着する際に、絵柄に光沢が出ないので、作品本来の質感を損ないません。グロス(光沢)タイプは、画面を定着する際に、絵柄に光沢が出るので、作品がより鮮やかに、よりシャープに見えるという特徴があります。使用する画面定着用スプレー塗料の種類によって絵の仕上がりが変わる可能性があるので、作品に適したものを選びましょう。

画面用定着剤は、一度画面に定着させると、その後は画面を消して書き直すことができません。このため、画面に定着する前に、絵が完成していることを確認することが大切です。また、画面用定着剤は、画面の汚れやホコリを除去してから使用すると、より効果的に画面を定着させることができます。

「クレパスワニス テクニカルコート」のメリット

「クレパスワニス テクニカルコート」のメリット

「クレパスワニス テクニカルコート」のメリット

「クレパスワニス テクニカルコート」は、自動車のボディを保護するコーティング剤です。このコーティング剤を使用することで、以下のメリットが得られます。

・ボディの汚れを付きにくくする
「クレパスワニス テクニカルコート」は、自動車のボディに強力な保護膜を形成します。この保護膜が、汚れやホコリが付着するのを防いでくれるため、自動車のボディを常に清潔に保つことができます。

・ボディの傷を防ぐ
「クレパスワニス テクニカルコート」の保護膜は、自動車のボディを傷から守る役割も果たしています。小石や砂利などが当たっても、自動車のボディに傷が付くことを防いでくれます。

・ボディの艶を長持ちさせる
「クレパスワニス テクニカルコート」は、自動車のボディの艶を長持ちさせる効果もあります。コーティング剤がボディの表面を滑らかにすることで、光を反射しやすくし、ボディの艶を際立たせてくれます。

・ボディの劣化を防ぐ
「クレパスワニス テクニカルコート」は、自動車のボディの劣化を防ぐ効果もあります。コーティング剤がボディを保護することで、紫外線や酸性雨などのダメージからボディを守ってくれます。

「クレパスワニス テクニカルコート」の使い方

「クレパスワニス テクニカルコート」の使い方

「クレパスワニス テクニカルコート」の使い方

クレパスワニス テクニカルコートは、車にコーティングを施すための製品です。塗装面を保護して、汚れやキズを防ぐことができます。また、車の色をより鮮やかに見せる効果もあります。

クレパスワニス テクニカルコートは、洗車後の車に塗布します。水気をしっかりと拭き取ってから、製品をスポンジに適量取り、車全体に塗り広げていきます。塗り広げたら、5分ほど放置して乾かします。最後に、乾いたクロスで拭き上げれば完成です。

クレパスワニス テクニカルコートは、1回塗布で約3ヶ月効果が持続します。定期的に塗布することで、車の塗装面を常に保護することができます。

クレパスワニス テクニカルコートを塗布する際には、以下の点に注意しましょう。

・製品をスポンジに直接かけず、必ずクロスやスポンジに適量取りましょう。
・塗り広げる際は、ムラなく塗布しましょう。
・5分ほど放置して乾かしてから、乾いたクロスで拭き上げましょう。
・直射日光や雨の日に塗布しないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました