アクシス50の魅力

スポンサーリンク

アクシス50の魅力

アクシス50とは。

アクシス50とは、ヤマハ発動機が1990年から1998年まで製造・販売した、原付二種のスクータータイプのオートバイです。エンジン形式は、空冷2ストローク単気筒で、総排気量は49ccです。ジョグの上位車種として位置づけられています。

アクシス50の歴史

アクシス50の歴史

アクシス50の歴史

アクシス50は、イタリアのオートバイメーカー、ビモータによって1994年に発売されたオートバイである。ビモータの創設者であるヴァレリオ・ビモータが、レーシングマシンの技術を市販車にフィードバックさせることを目的として開発した。

アクシス50は、50ccのエンジンを搭載した原付一種のオートバイである。しかし、そのエンジンには、2ストロークエンジンを採用しており、最高出力は10.5馬力を発揮する。また、車体は軽量で、乾燥重量はわずか72kgである。これにより、アクシス50は、原付一種のオートバイとしては非常に速く、またハンドリングも軽快である。

アクシス50は、その優れた性能とデザインで、発売当初から人気を博した。1990年代後半には、日本の原付一種オートバイ市場でも販売され、多くの人に愛された。しかし、2000年代に入ると、環境規制の強化に伴い、2ストロークエンジンのオートバイは生産中止となっていった。アクシス50もまた、2002年に生産終了となった。

現在、アクシス50は中古車市場で取引されている。その希少性と人気から、高値で取引されることが多い。また、アクシス50をベースとしたカスタムバイクも多く作られており、それらもまた人気が高い。

アクシス50の特徴

アクシス50の特徴

-アクシス50の特徴-

アクシス50は、ホンダが2001年から2008年まで製造・販売していたスクータータイプの原付二種オートバイです。低燃費、軽量、取り回しの良さが特徴で、初心者や女性ライダーに人気がありました。アクシス50の特徴として、まず挙げられるのはその低燃費です。燃費は、リッターあたり50キロメートルと、原付二種オートバイの中でもトップクラスを誇ります。これは、フューエルインジェクションシステムの採用や、燃費に優れたエンジン設計によるものです。

また、アクシス50は軽量で取り回しが良く、街乗りや通勤に最適です。重量はわずか75キログラムで、女性でも簡単に取り扱うことができます。また、ホイールベースが短く、小回りが利くため、狭い道でもスイスイと走ることができます。さらに、アクシス50は、優れたデザイン性も特徴です。スタイリッシュなボディーラインと、鮮やかなカラーリングは、若いライダーに人気があります。また、シート下には、ヘルメットやカッパなどの荷物を収納できるスペースが確保されており、実用性も十分です。

このように、アクシス50は、低燃費、軽量、取り回しの良さが特徴の原付二種オートバイです。初心者や女性ライダーに最適なモデルとして、多くの人に愛されました。

アクシス50の乗り心地

アクシス50の乗り心地

アクシス50の乗り心地

アクシス50の乗り心地は、非常に快適です。サスペンションは柔らかく、路面の凸凹をしっかりと吸収してくれます。また、シートも厚みがあり、長時間乗っていても疲れにくい設計です。高速道路を走行しても、安定感があり、安心して運転することができます。

アクシス50の乗り心地の良さは、街中を走る際にもメリットとなります。狭い路地や渋滞の中では、アクシス50のコンパクトなボディが威力を発揮します。また、Uターンも小回りでできるので、運転が苦手な方でも安心して乗ることができます。

アクシス50の乗り心地は、ロングツーリングにも適しています。長距離を走っても、疲れにくく、快適に運転することができます。また、燃費性能も良く、ガソリン代を節約することができます。

アクシス50は、乗り心地が良く、街中から高速道路まで、幅広く活躍してくれるバイクです。通勤や通学、買い物やレジャーなど、さまざまな用途に使用することができます。

タイトルとURLをコピーしました