長崎県の麦焼酎「山乃守」の魅力

スポンサーリンク

長崎県の麦焼酎「山乃守」の魅力

山乃守とは。

「山乃守」は、長崎県にある有限会社山の守酒造場で製造・販売されている麦焼酎です。

山乃守のこだわり

山乃守のこだわり

-山乃守のこだわり-

山乃守のこだわりは、原料である麦に始まり、仕込み、蒸留、貯蔵に至るまで、すべての手作業で行われていることだ。原料の麦は、九州産の大麦を厳選し、丁寧に洗浄して使用している。仕込みは、麦と水と酵母を混ぜ合わせて行うが、麦の量や水の温度など、細部にまでこだわって行われている。蒸留は、蒸した麦を蒸気によってアルコールと水に分離する過程だが、山乃守では、この蒸留を2回行うことで、より滑らかな味わいに仕上げている。貯蔵は、蒸留された焼酎を樫樽で貯蔵するが、山乃守では、この貯蔵期間を5年以上と長くすることで、まろやかな味わいに仕上げている。

山乃守の味わい

山乃守の味わい

山乃守の味わい

山乃守の味わいは、何といってもすっきりとした飲み口と、米焼酎にはない麦特有の香ばしさが特徴です。原料の二条大麦は、鹿児島県産のものを100%使用しており、焼酎の風味を左右する麹には、地元長崎県産の米麴を使用しています。麦の香ばしさと麹の甘みが調和した、まろやかな味わいが特徴です。

また、山乃守は、仕込み水に長崎県の天然水を使用しています。この天然水は、ミネラル分を多く含んでおり、山乃守の味わいに深みとコクを与えています。

山乃守は、ロックや水割り、お湯割りなど、様々な飲み方で楽しむことができます。ロックで飲むと、麦の香ばしさと麹の甘みがストレートに感じられ、水割りやソーダ割りで飲むと、すっきりとした飲み口を楽しむことができます。お湯割りで飲むと、麦の香ばしさが際立ち、体が温まります。

山乃守のおいしい飲み方

山乃守のおいしい飲み方

山乃守のおいしい飲み方

山乃守をおいしく飲む方法はいくつかあります。まずは、ストレートで飲む方法です。ストレートで飲むと、麦の香ばしさと甘み、そして後味に感じるほのかな苦みを楽しむことができます。常温で飲むと、麦の香りがより強く感じられ、ロックで飲むと、麦の甘みが引き立ちます。また、水割りやソーダ割りにして飲むのもおすすめです。水割りやソーダ割りにして飲むと、麦の香りと甘みがより爽やかに感じられます。

山乃守を飲むときには、グラスにもこだわるとよりおいしく飲むことができます。ストレートやロックで飲む場合は、口当たりの良いグラスを選ぶのがおすすめです。水割りやソーダ割りにして飲む場合は、香りが広がりやすいグラスを選ぶのがおすすめです。また、山乃守を飲む際には、温度にも注意しましょう。ストレートやロックで飲む場合は、常温か氷を入れたグラスで飲むのがおすすめです。水割りやソーダ割りにして飲む場合は、冷やしたグラスで飲むのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました