鹿児島の銘酒「鉄幹」の魅力

スポンサーリンク

鹿児島の銘酒「鉄幹」の魅力

鉄幹とは。

鹿児島県にあるオガタマ酒造株式会社で造られる芋焼酎が鉄幹です。甕仕込みで造られており、紅あずまというサツマイモを使用した「紅鉄幹」という銘柄もあります。

鉄幹の誕生と歴史

鉄幹の誕生と歴史

鉄幹の誕生と歴史

鹿児島の銘酒「鉄幹」は、1899年(明治32年)に鹿児島県枕崎市で誕生しました。創業者は、地元の酒造家である鉄幹。鉄幹は、若くして家業を継ぎ、酒造りに励みました。彼は、地元の米と水にこだわり、伝統的な製法で酒造りを続けました。

鉄幹の酒造りは、すぐに評判となり、枕崎の名酒として知られるようになりました。1923年(大正12年)には、皇室御用達となり、皇室にも献上されるようになりました。また、鉄幹は、積極的に全国の酒類品評会に出品し、数々の賞を受賞しました。

1945年(昭和20年)、太平洋戦争により、枕崎市は空襲を受け、鉄幹の酒蔵も被災しました。しかし、鉄幹は、すぐに酒造りを再開し、枕崎の名酒を守り続けました。

1965年(昭和40年)、鉄幹は、息子である鉄幹二代目(現社長)に家業を譲りました。鉄幹二代目も、父と同じように、伝統的な製法にこだわり、酒造りを続けています。

現在、鉄幹は、鹿児島県を代表する銘酒のひとつとして知られています。その味は、淡麗辛口で、キレがよく、飲みやすいのが特徴です。鉄幹は、地元の人はもちろん、全国の日本酒ファンからも愛されています。

鉄幹の特徴と味わい

鉄幹の特徴と味わい

鉄幹の特徴と味わい

鉄幹は、原料米に鹿児島県産の「山田錦」と「雄町」を使用し、仕込み水には、鹿児島県の霧島山系の天然水を用いて醸造された純米大吟醸酒です。
山田錦と雄町のそれぞれの個性を活かした、芳醇でふくよかな味わいが特徴です。

鉄幹の香りは、ほのかにフルーティーで、飲み口はまろやかで甘みがあり、後味もすっきりしています。
酸味は少なく、甘みと旨味のバランスが良く、飲みやすいのが特徴です。

鉄幹は、冷やして飲むと、その香りと味わいを存分に楽しむことができます。
また、ぬる燗にすることで、甘みと旨味がさらに引き立ち、まろやかな味わいを楽しむことができます。

鉄幹は、鹿児島県産の黒豚のしゃぶしゃぶやトントロ焼きなどの鹿児島県の郷土料理にぴったりのお酒です。

鉄幹のおすすめの飲み方

鉄幹のおすすめの飲み方

鹿児島県産のさつま芋を原材料とした、芋焼酎「鉄幹」。その名の由来は、鹿児島県出身の詩人であり小説家であった石川啄木の号からきています。数ある芋焼酎の中でも、その味わいの良さで人気を集めている鉄幹。今回は、そんな鉄幹のおすすめの飲み方をいくつかご紹介します。

まずは、ストレートで飲むのがおすすめです。ロックや水割りで飲むよりも、鉄幹本来の味わいをダイレクトに感じることができます。また、鉄幹は香りが豊かなお酒でもあります。ストレートで飲むことで、その香りを存分に楽しむことができます。

次に、ロックで飲むのもおすすめです。ロックで飲むことで、鉄幹の甘みや旨みがより引き立ちます。また、氷が溶け出すことで、味わいが少しずつ変化していくのもロックの楽しみ方の一つです。

最後に、水割りで飲むのもおすすめです。水割りで飲むことで、鉄幹の飲みやすさがアップします。また、水で割ることで、鉄幹の甘みと酸味がほどよく調和し、より爽やかな味わいに仕上がります。

鉄幹は、ストレート、ロック、水割りなど、様々な飲み方を楽しむことができます。自分の好みの飲み方を見つけて、鉄幹のおいしさを堪能してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました