ダイハツ「アプローズ」の魅力

スポンサーリンク

ダイハツ「アプローズ」の魅力

アプローズとは。

アプローズは、ダイハツ工業が1989年から2000年まで生産・販売していた5ドアハッチバックセダン型の乗用車で、シャルマンの後継車として開発されました。

アプローズの誕生と歴史

アプローズの誕生と歴史

ダイハツ「アプローズ」は、1989年から1997年まで生産販売されていた4ドアセダンです。

アプローズは、ダイハツ初のFR車として開発され、一目でアプローズと分かる個性的で斬新なデザインを採用していました。また、アプローズは性能面でも優れており、1.6Lと1.8Lの2種類のエンジンを搭載し、最高出力はそれぞれ110PSと145PS。最高速度は190km/hと205km/hを誇っていました。

アプローズは、発売当初から人気を博し、1990年には販売台数10万台を突破しました。その後も、アプローズは順調に販売を伸ばし、1997年には累計販売台数40万台を達成しました。

しかし、1997年にダイハツがアプローズの生産を終了したため、アプローズはわずか8年の歴史に幕を閉じました。

アプローズの生産終了は、ダイハツファンにとって大きな衝撃となりました。しかし、アプローズは現在でも根強い人気を誇っており、中古車市場でも高値で取引されています。

アプローズの特徴と魅力

アプローズの特徴と魅力

アプローズの特徴と魅力

ダイハツのアプローズは、1989年から1997年まで生産・販売されていた中型セダンです。同社のフラッグシップモデルとして開発され、高い品質と性能を誇る車として人気を博しました。

アプローズの特徴のひとつは、スタイリッシュなデザインです。流麗なボディラインとシャープなヘッドライトが特徴的で、当時の国産車の中でもトップクラスの美しさを誇っていました。また、インテリアも高級感があり、本革シートやウッドパネルが採用されていました。

性能面でもアプローズは優れていました。エンジンは1.8Lと2.0Lの2種類が用意されており、最高出力は140馬力と150馬力でした。トランスミッションは4速ATと5速MTの2種類が用意されており、駆動方式はFFと4WDが用意されていました。

アプローズの魅力は、その高い品質と性能にあります。また、スタイリッシュなデザインも人気を博しました。現在では生産・販売は終了していますが、中古車市場では今でも人気があり、多くのファンに愛されています。

アプローズの生産終了とその後

アプローズの生産終了とその後

アプローズの生産終了とその後

ダイハツのフラッグシップセダンとして1989年に登場したアプローズは、そのスタイリッシュなデザインと優れた走行性能で人気を博しました。しかし、2000年に生産が終了し、現在は中古車市場でしか手に入れることができません。

アプローズの生産終了後は、ダイハツはフラッグシップセダンを生産していません。しかし、2017年には、アプローズを彷彿とさせるデザインのコンセプトカー「DNトレゾア」を発表。このコンセプトカーは、多くの注目を集め、アプローズの復活を期待する声も高まっています。

アプローズの生産終了から20年以上が経過していますが、その人気は衰えていません。中古車市場では、アプローズは依然として高い人気を誇っており、程度の良い個体は高値で取引されています。その人気の理由は、アプローズの持つスタイリッシュなデザインと優れた走行性能にあります。

アプローズは、1980年代後半から1990年代初頭にかけて、世界各国で販売されました。日本国内では、セダンとハードトップの2つのボディタイプが用意されており、いずれも2リッターエンジンと4速オートマチックトランスミッションを搭載していました。ハードトップは、アプローズをベースにしたオープンカー「カブリオレ」も設定されていました。

アプローズは、そのスタイリッシュなデザインと優れた走行性能で人気を集め、1990年には、日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。しかし、2000年に生産が終了し、現在は中古車市場でしか手に入れることができません。中古車市場では、アプローズは依然として高い人気を誇っており、程度の良い個体は高値で取引されています。

タイトルとURLをコピーしました