バラ「ソンブルイユ」の魅力

スポンサーリンク

バラ「ソンブルイユ」の魅力

ソンブルイユとは。

ソンブルイユとは、ばらの一種で、つる状の大きく美しい花を咲かせる品種です。花の色はクリーム黄色から白色系が多く、正式な表記は「ソンブロイユ」ですが、「ソンブルーイ」や「ソンブルイ」などとも呼ばれます。

「ソンブルイユ」の特徴

「ソンブルイユ」の特徴

-「ソンブルイユ」の特徴-

「ソンブルイユ」は、1847年にフランスで作出されたバラで、ハイブリッド・パーペチュアル系のバラです。花の色は紫がかった赤色で、花弁は丸く、花芯は黄色です。香りは強く、甘酸っぱい香りがします。「ソンブルイユ」は、花持ちが良く、切り花としても人気があります。

「ソンブルイユ」は、四季咲きのバラで、春から秋まで繰り返し花を咲かせます。花は大きめで、直径8cmから10cmほどになります。花弁は波打つように重なり合い、花芯は黄色です。香りは強く、甘酸っぱい香りがします。「ソンブルイユ」は、花持ちが良く、切り花としても人気があります。

「ソンブルイユ」は、育てやすいバラで、初心者にもおすすめです。日当たりと水はけの良い場所で育てることができます。肥料は、春と秋に与えれば十分です。「ソンブルイユ」は、病害虫に強いバラですが、アブラムシやうどんこ病には注意が必要です。

「ソンブルイユ」の育て方

「ソンブルイユ」の育て方

「ソンブルイユ」の育て方

バラは、育てやすい植物として知られていますが、「ソンブルイユ」は、その中でも比較的育てやすい品種です。日当たりのよい場所に植え、水やりは乾いたらたっぷり与えましょう。また、肥料は春と秋に与えるとよいでしょう。

「ソンブルイユ」は、病気や害虫にも強い品種ですが、アブラムシやハダニが発生することがあります。アブラムシは、株元にオルトラン粒剤をまくことで駆除できます。ハダニは、葉の裏に白い粉が吹いたら、マラソン乳剤を散布して駆除しましょう。

「ソンブルイユ」は、剪定も簡単です。花が咲き終わった後、花の下の茎を3~4節残して切り戻します。また、秋には枝を半分ほど切り戻すと、翌年に花が咲きやすくなります。

「ソンブルイユ」は、育てやすく、花も美しいバラです。初心者でも簡単に育てることができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

「ソンブルイユ」の楽しみ方

「ソンブルイユ」の楽しみ方

-「ソンブルイユ」の楽しみ方-

バラ「ソンブルイユ」の最大の魅力は、その花色にあります。深いエンジ色をした花びらは、他のバラとは一線を画し、見る者を魅了します。また、花持ちがよく、次々と花を咲かせるので、長期間楽しむことができます。

「ソンブルイユ」の楽しみ方は、人それぞれです。花壇に植えて眺めるもよし、鉢植えにしてベランダやリビングに飾るもよし。また、切り花にして花瓶に生けるのもおすすめです。切り花の場合は、水揚げをしっかりとしてあげると、長く楽しむことができます。

「ソンブルイユ」は、比較的育てやすいバラですが、いくつか注意すべき点があります。まず、日当たりと風通しの良い場所を好むので、植え付け場所には注意が必要です。また、水やりは、土が乾いたらたっぷり与えるようにしましょう。肥料は、春と秋に与えるようにします。

「ソンブルイユ」は、初心者にも育てやすいバラです。ぜひ、ご自宅で「ソンブルイユ」を育てて、その魅力を堪能してみてください。

タイトルとURLをコピーしました