レスリング技「キングスレイヤー」の魅力とは?

スポンサーリンク

レスリング技「キングスレイヤー」の魅力とは?

キングスレイヤーとは。

キングスレイヤーは、プロレスの技の一種で、ジャンピング・ハイニーのバリエーションです。この技は、背後から相手の腕をつかんで回転させて振り向いた直後、膝蹴りを打ち込むというものです。この技は、アメリカのレスラー、セス・ロリンズが考案したオリジナル技です。

キングスレイヤーの有効性

キングスレイヤーの有効性

キングスレイヤーの有効性

キングスレイヤーは、レスリングの試合において非常に効果的な技です。その理由は、キングスレイヤーが相手のバランスを崩して倒すことができるからです。キングスレイヤーは、相手の首を捕まえ、体をひねって倒す技です。相手の首を捕まえることで、相手のバランスを崩すことができます。そして、体をひねると相手の重心も移動し、倒れやすくなります。

キングスレイヤーは、特に、寝技の試合で有効な技です。寝技の試合では、相手が倒れた状態からスタートします。そのため、キングスレイヤーをかけるチャンスが多くなります。また、寝技の試合では、相手の首や体を動かしやすくなります。そのため、キングスレイヤーをかけやすくなります。

キングスレイヤーは、レスリングの試合において、非常に有効な技です。その理由は、キングスレイヤーが相手のバランスを崩して倒すことができるからです。キングスレイヤーは、特に、寝技の試合で有効な技です。

キングスレイヤーを使うレスラーたち

キングスレイヤーを使うレスラーたち

-キングスレイヤーを使うレスラーたち-

キングスレイヤーは、多くのレスラーによって使用されてきた技です。最も有名なのは、WWEのランディ・オートンです。オートンは、2002年のWWEデビュー以来、この技を使い続けており、数多くの勝利を収めてきました。オートンは、キングスレイヤーをフィニッシャーとして使用しており、この技で多くのタイトルを奪取しています。

キングスレイヤーを使用する他のレスラーには、WWEのケビン・オーエンズ、AEWのクリス・ジェリコ、NJPWの棚橋弘至などがいます。オーエンズは、2015年にWWEデビューして以来、キングスレイヤーを使用しており、この技で数多くの勝利を収めています。オーエンズは、キングスレイヤーをフィニッシャーとして使用しており、この技でWWEユニバーサル王座を奪取しています。

ジェリコは、1990年にWWEデビューして以来、キングスレイヤーを使用しています。ジェリコは、この技で数多くの勝利を収めており、WWE世界ヘビー級王座やAEW世界ヘビー級王座を奪取しています。ジェリコは、キングスレイヤーをフィニッシャーとして使用しており、この技で多くのタイトルを奪取しています。

棚橋は、1992年にNJPWデビューして以来、キングスレイヤーを使用しています。棚橋は、この技で数多くの勝利を収めており、IWGPヘビー級王座やIWGPインターコンチネンタル王座を奪取しています。棚橋は、キングスレイヤーをフィニッシャーとして使用しており、この技で多くのタイトルを奪取しています。

キングスレイヤーは、多くのレスラーによって使用されてきた技であり、多くの勝利を収めてきた技です。この技は、フィニッシャーとして使用されることが多く、多くのタイトルを奪取した技です。

タイトルとURLをコピーしました