「おおいた早生」の魅力と特徴

スポンサーリンク

「おおいた早生」の魅力と特徴

おおいた早生とは。

大分県杵築市で生産されるミカンが「おおいた早生」です。これは極早生の温州ミカンで、実の重さはだいたい80gから100gになります。おおいた早生は、未熟な果実を収穫して出荷します。しかし、甘みが強く、食味がよいのが特徴です。大分県の育成品種で、1996年に品種登録されました。

「おおいた早生」の特徴

「おおいた早生」の特徴

「おおいた早生」の特徴

「おおいた早生」は、大分県で生まれ育った品種で、その名前の通り早生品種であることが特徴です。9月上旬から出荷が始まり、甘柿の中では一番早い収穫時期を迎えます。果実は大きく、平均200gほどの大きさで、真ん丸とした形をしています。果皮は薄く、鮮やかな橙色をしています。果肉は緻密で滑らかで、シャキシャキとした歯ごたえが特徴です。甘さは控えめで、上品な甘みがあり、後味もすっきりとしています。また、「おおいた早生」は、日持ちが良いという特徴も持っています。収穫後、常温で1か月ほど保存することができます。

「おおいた早生」の甘さの秘密

「おおいた早生」の甘さの秘密

「おおいた早生」の甘さの秘密

「おおいた早生」は、その名の通り、他の橙に比べて収穫時期が早く、一年中食べることができるという特徴があります。また、他の橙に比べて糖度が高く、甘味に富んでおり、爽やかな酸味とのバランスも絶妙といわれています。

この「おおいた早生」の甘さの秘密は、その栽培方法にあります。「おおいた早生」は、他の橙よりも多くの太陽を浴びて育ち、糖度を高めるために、生産者が丹精込めて管理しています。また、「おおいた早生」は、他の橙よりも肥料を多く与えられ、糖度を高めるために、生産者が丹精込めて管理しています。

「おおいた早生」の甘さは、その栽培方法に加え、品種の特性も影響しています。「おおいた早生」は、もともと糖度が高く、甘味に富んだ品種であり、生産者が丹精込めて管理することで、その甘さをさらに引き出しています。

「おおいた早生」は、甘さだけでなく、爽やかな酸味とのバランスも絶妙といわれています。この酸味は、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸によるもので、甘さを引き締め、爽やかな味にしています。

「おおいた早生」の甘さと酸味のバランスは、そのまま食べてもよし、ジュースやジャムにして食べてもよし、さまざまな料理に使ってもよしと、さまざまな楽しみ方があります。

「おおいた早生」の生産地

「おおいた早生」の生産地

「おおいた早生」の生産地

「おおいた早生」は、大分県が原産地であることから、その大部分が大分県内で生産されています。特に、大分県の中でも、日田地方や中津地方、宇佐地方などの温暖な地域で多く栽培されています。これらの地域は、温暖な気候と肥沃な土壌に恵まれており、「おおいた早生」の栽培に適した環境となっています。また、大分県では、農家が「おおいた早生」の栽培に熱心に取り組んでおり、品質の高い「おおいた早生」を生産しています。大分県産の「おおいた早生」は、県内はもちろん、県外にも出荷され、多くの人々に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました