六鱗柄の魅力

スポンサーリンク

六鱗柄の魅力

六鱗柄とは。

六鱗柄とは、金魚の体色の名称です。六鱗は「りくりん」とも呼ばれます。口先、エラ蓋、尾ビレ、背ビレ、腹ビレ、胸ビレの6箇所に赤が入ったものをいいます。自然にこの体色になることは珍しく、鱗を剥ぐなどして人工的に色合いを整えることが多いです。

六鱗柄の種類

六鱗柄の種類

-六鱗柄の種類-

六鱗柄には、大別して「小六鱗」「中六鱗」「大六鱗」の3種類があります。

「小六鱗」は、六つの鱗が小さめで、整然と並んでいるのが特徴です。繊細で上品な印象を与えるので、着物や帯、小物など、幅広く使われています。

「中六鱗」は、六つの鱗が小六鱗よりも大きめで、多少不規則に並んでいるのが特徴です。小六鱗よりもカジュアルな印象を与えるので、服やバッグ、靴など、日常使いしやすいアイテムに使われています。

「大六鱗」は、六つの鱗が大きく、存在感があります。鱗の間に隙間があることが多いので、抜け感のある印象を与えます。和装にも洋装にも合わせやすく、コートやジャケット、パンツなど、さまざまなアイテムに使われています。

六鱗柄の作り方

六鱗柄の作り方

-六鱗柄の作り方-

六鱗柄は、6枚の花びらを連想させる渦巻き模様です。日本の伝統的な文様であり、しばしば着物や帯に使われます。六鱗柄は、簡単な手順で作ることができます。

1. 円を描く。
2. 円の中心に点を打つ。
3. 点を基準に、6つの同心円を描く。
4. 同心円に、6つの点をつける。
5. 点を結ぶ。

これで、六鱗柄の完成です。六鱗柄は、いろいろな色の組み合わせで作ることができます。また、六鱗柄をアレンジして、新しい柄を作ることもできます。

六鱗柄の金魚の選び方

六鱗柄の金魚の選び方

-六鱗柄の金魚の選び方-

六鱗柄の金魚は、とても珍しい種類です。選び方のポイントは、以下の通りです。

・-体形-

六鱗柄の金魚は、体形が丸く整っているものを選びましょう。背びれや尾びれが大きく広がっているものもおすすめです。

・-鱗-

六鱗柄の金魚は、鱗がきれいに並んでいるものを選びましょう。鱗が欠けていたり、傷ついていたりするものは避けたほうがよいでしょう。

・-色-

六鱗柄の金魚は、色が鮮やかなものを選びましょう。赤、黒、白など、さまざまな色の六鱗柄の金魚がいますが、自分の好みに合ったものを選ぶとよいでしょう。

・-性格-

六鱗柄の金魚は、性格が温厚なものを選びましょう。攻撃的な性格の六鱗柄の金魚は、他の金魚を傷つける可能性があります。

・-健康状態-

六鱗柄の金魚は、健康状態の良いものを選びましょう。病気にかかっていたり、痩せていたりする六鱗柄の金魚は避けたほうがよいでしょう。

上記のポイントに注意して、六鱗柄の金魚を選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました