群馬県のイチゴ「やよいひめ」の魅力

スポンサーリンク

群馬県のイチゴ「やよいひめ」の魅力

やよいひめとは。

・やよいひめとは、群馬県が誇るイチゴの品種。大粒で色鮮やかな赤色。甘みは強く、果皮は丈夫で日持ちが良く、輸送にも適しています。2005年に品種登録されました。

・群馬県産のイチゴ「やよいひめ」。大粒で真っ赤な見た目はもちろん、糖度も高く、果皮が丈夫で保存がきき、輸送にも適しています。2005年に品種登録された、群馬のイチゴの代表品種のひとつです。

・やよいひめは、群馬県で生産されるイチゴの品種。大粒で鮮やかな赤色、糖度が高く、果皮が丈夫で日持ちがよく、輸送に適しています。2005年に品種登録され、群馬県を代表するイチゴの品種のひとつとなっています。

果粒が大きく鮮やかな赤色のイチゴ「やよいひめ」

果粒が大きく鮮やかな赤色のイチゴ「やよいひめ」

やよいひめは、群馬県のイチゴの品種で、果粒が大きく、鮮やかな赤色が特徴です。その美しさから「いちごの女王」とも呼ばれ、贈答用としても人気が高いです。やよいひめは、群馬県の気候風土に適しており、県内の多くの農家で栽培されています。

やよいひめの果実は、平均で30g程度と大粒で、甘みと酸味のバランスが良く、ジューシーな食感が特徴です。また、果肉がしっかりしているので、傷みにくく、日持ちもします。やよいひめは、そのまま食べても美味しいですが、ケーキやジャムなどの加工品にも適しています。

やよいひめの栽培は、群馬県内の多くの農家が行っており、県内の直売所やスーパーなどで販売されています。また、首都圏のデパートや高級スーパーでも販売されており、全国各地で人気を集めています。やよいひめの収穫時期は、12月から5月頃までです。

糖度が高く、果皮が丈夫で日持ちが良い「やよいひめ」

糖度が高く、果皮が丈夫で日持ちが良い「やよいひめ」

「やよいひめ」は果肉がしっかりしていて、果皮が丈夫で日持ちが良いのが特徴のイチゴです。糖度も高く、甘酸っぱく爽やかな味わいで、酸味も強すぎず、甘味が強く、ジューシーさも併せ持っています。

日持ちが良いので、購入後も長期間楽しむことができます。お店に並ぶのは、主に4月から6月下旬と比較的短期間ですが、その後も、ハウス栽培された「やよいひめ」が11月下旬から翌年2月下旬まで出荷されています。

「やよいひめ」は主に群馬県内で生産されており、県内では、通年で「やよいひめ」を楽しむことができます。特に、群馬県産の「やよいひめ」は、全国的にも高い評価を受けており、贈答用としても人気があります。

輸送性に優れ、遠くの地域にも出荷できる「やよいひめ」

輸送性に優れ、遠くの地域にも出荷できる「やよいひめ」

「輸送性に優れ、遠くの地域にも出荷できる「やよいひめ」」

群馬県のイチゴ「やよいひめ」は、その輸送性に優れていることも大きな魅力のひとつです。従来のイチゴは、果実が柔らかく、輸送中の傷みが大きかったため、遠距離への出荷が困難でした。しかし、「やよいひめ」は果実がしっかりとしており、輸送中の傷みが少ないため、遠くの地域にも出荷することができます。このため、「やよいひめ」は、群馬県だけでなく、全国各地のスーパーや果物店などで販売されており、多くの人々に親しまれています。また、「やよいひめ」は日持ちが良いことも特徴です。収穫後も数日間は新鮮な状態を保つことができるため、家庭での保存にも適しています。

タイトルとURLをコピーしました