和歌山銘菓「本ノ字饅頭」の魅力

スポンサーリンク

和歌山銘菓「本ノ字饅頭」の魅力

本ノ字饅頭とは。

本ノ字饅頭とは、和歌山県和歌山市にある総本家駿河屋が製造・販売する、銘菓としての酒種饅頭です。饅頭の表面には少量の油を使用して、「本」という文字が焼きつけられています。

本ノ字饅頭の由来と歴史

本ノ字饅頭の由来と歴史

本ノ字饅頭の由来と歴史

本ノ字饅頭は、和歌山県紀伊半島南部にある田辺市の名物銘菓です。その名の由来は、田辺市がかつて「本ノ字(ほんのじ)」と呼ばれていたことに由来しています。本ノ字は、田辺湾の形状が「本(ほん)」の字に似ていることから名付けられたとされており、本ノ字饅頭もその形状にちなんで作られるようになりました。

本ノ字饅頭の歴史は古く、江戸時代後期から続く伝統銘菓として知られています。本ノ字饅頭を初めて製造したのは、田辺市にある老舗和菓子店「松屋菓子舗」です。松屋菓子舗は、現在も本ノ字饅頭を製造しており、その味は長い歴史に培われた伝統の技によって受け継がれています。

本ノ字饅頭は、小豆あんを小麦粉の皮で包んで蒸しあげた素朴な饅頭です。あんは、北海道産の良質な小豆を使用しており、皮はもっちりとした食感です。本ノ字饅頭の最大の特徴は、その形状であり、漢字の「本」の字をかたどっています。これは、田辺市の旧地名「本ノ字」にちなんだ形状であり、地元では親しみを込めて「ほんのじまんじゅう」と呼ばれています。

本ノ字饅頭の製造工程

本ノ字饅頭の製造工程

-本ノ字饅頭の製造工程-

本ノ字饅頭は、和歌山県を代表する銘菓であり、その製造工程は伝統的な手法が受け継がれています。まず、小麦粉、砂糖、卵などを混ぜて生地を作ります。次に、生地を小さな丸い形に成形し、餡を包みます。餡は、小豆を丁寧に炊き上げたもので、甘すぎず、あっさりとした味わいが特徴です。

成形した饅頭をオーブンで焼き上げると、外側はこんがりと、中はしっとりとした食感になります。焼き上がった饅頭を冷ました後、最後に本ノ字の焼印を押せば完成です。本ノ字饅頭の製造工程は、熟練の職人が一つ一つ丁寧に作業しており、その品質の高さに定評があります。

本ノ字饅頭は、地元和歌山県ではもちろん、全国各地で愛されている銘菓です。その素朴な味わいと、伝統的な製造工程が受け継がれている点が、多くの人々に愛されている理由と言えるでしょう。

本ノ字饅頭のおいしい食べ方

本ノ字饅頭のおいしい食べ方

本ノ字饅頭のおいしい食べ方

本ノ字饅頭は、和歌山県が発祥の銘菓です。その名の通り、本(ほん)の字をかたどった小さな饅頭で、昔ながらの素朴な味わいが特徴です。

本ノ字饅頭の原材料は、小麦粉、砂糖、小豆、塩のみ。シンプルな材料で作られているからこそ、素材の味が生かされています。薄皮の饅頭生地の中には、甘さ控えめの小豆餡がぎっしり詰まっており、食べるとほっこりとした気分になります。

本ノ字饅頭は、そのまま食べてももちろんおいしいですが、いろいろな食べ方を楽しむのもおすすめです。例えば、トースターで軽く焼くと、皮がパリッとして、中の小豆餡がとろ〜りと溶け出します。寒い冬は、温かい緑茶やほうじ茶と一緒に食べると、体がポカポカと温まります。

また、本ノ字饅頭は、アイスクリームやヨーグルトなどのデザートに添えてもおいしいです。甘さ控えめの本ノ字饅頭は、甘すぎるデザートとの相性も抜群です。

本ノ字饅頭は、和歌山県のお土産としても喜ばれる銘菓です。日持ちもするので、お土産を買って帰る際には、ぜひ本ノ字饅頭も候補に入れてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました