紫芋の焼酎「赤霧島」の魅力

スポンサーリンク

紫芋の焼酎「赤霧島」の魅力

赤霧島とは。

赤霧島とは、宮崎県の霧島酒造が製造・販売する焼酎ブランド「霧島」の中の紫芋の品種、紫優「ムラサキマサリ」を原料とした本格芋焼酎です。

紫芋焼酎とは

紫芋焼酎とは

紫芋焼酎とは、紫色のサツマイモを原料とした焼酎のことです。紫色のサツマイモは、通常のサツマイモよりもポリフェノールやアントシアニンなどの栄養素を多く含んでいます。ポリフェノールは、抗酸化作用があり、生活習慣病を予防する効果があるといわれています。アントシアニンは、目の健康に良いとされています。紫芋焼酎は、通常の焼酎よりも甘く、フルーティーな味わいが特徴です。また、ポリフェノールやアントシアニンなどの栄養素を多く含んでいるため、健康にも良いとされています。

赤霧島の製造方法

赤霧島の製造方法

赤霧島の製造方法は、黒麹と紫芋を使い、通常の焼酎よりも低温でじっくりと仕込むことで、芋の甘味と香りを引き出します。また、熟成期間も通常よりも長くすることで、まろやかな味わいに仕上げています。

製造工程としては、まず紫芋を蒸して潰し、黒麹を加えて仕込みます。その後、通常よりも低温でじっくりと発酵させます。発酵期間は通常1週間程度ですが、赤霧島の場合は2週間以上かけて発酵させます。発酵後は、蒸留して焼酎を抽出します。そして、熟成期間を経て製品化されます。

赤霧島の製造方法は、黒麹と紫芋を使い、通常の焼酎よりも低温でじっくりと仕込むことで、芋の甘味と香りを引き出しているのが特徴です。また、熟成期間も通常よりも長くすることで、まろやかな味わいに仕上げています。

赤霧島の飲み方

赤霧島の飲み方

-赤霧島の飲み方-

赤霧島は、そのままロックや水割りで飲むのが一般的ですが、カクテルの材料として使うこともできます。赤霧島の甘さと華やかな香りを生かして、フルーティーなカクテルを作るのがおすすめです。

赤霧島を使ったカクテルのレシピをいくつかご紹介します。

* -赤霧島ハイボール-

赤霧島30ml、ソーダ120ml、レモン果汁10ml

* -赤霧島サワー-

赤霧島30ml、レモン果汁20ml、砂糖シロップ10ml、炭酸水適量

* -赤霧島モヒート-

赤霧島30ml、ライム果汁20ml、ミントの葉7~8枚、砂糖シロップ10ml、ソーダ適量

お好みのレシピで、赤霧島のおいしさを楽しんでみてください。

タイトルとURLをコピーしました