小樽銘菓『古代最中』の魅力

スポンサーリンク

小樽銘菓『古代最中』の魅力

古代最中とは。

北海道小樽市にある吉乃屋が製造・販売する「古代最中」は、皮に古代文字をあしらった最中です。

古代文字が描かれた最中の由来

古代文字が描かれた最中の由来

古代文字が描かれた最中の由来

小樽銘菓「古代最中」は、その名の通り、古代文字が描かれた最中である。この古代文字は、約2500年前の古代オリエントで誕生した楔形文字である。楔形文字は、粘土板に尖った棒で書きつけられた文字で、メソポタミア文明やエジプト文明で使われていた。

古代最中が誕生したきっかけは、小樽の歴史に深く関係している。小樽は、江戸時代から栄えた港町であり、北海道と内地を結ぶ海上交通の要所であった。小樽には、国内外から多くの商人が集まり、異国情緒溢れる街並みが形成された。

古代最中の生みの親である、菓子職人たちも、その異国情緒に影響を受けていた。彼らは、古代オリエントの文化に興味を持ち、楔形文字をデザインに取り入れることを思いついたのである。こうして、古代文字が描かれた最中が誕生した。

古代最中は、その珍しい見た目と、香ばしい最中の皮、そして甘さ控えめの餡のハーモニーが特徴である。昭和35年の発売以来、小樽を代表する銘菓として親しまれてきた。

今では、小樽の小学校では、郷土学習の一環として、古代最中作りを体験する授業が行われている。また、小樽市内の観光スポットでは、古代最中を販売する店舗が多く、観光客に人気となっている。

古代最中は、小樽の歴史と文化を伝える、なくてはならない銘菓である。

北海道産の素材にこだわった上品な甘さ

北海道産の素材にこだわった上品な甘さ

北海道産の素材にこだわった上品な甘さ

小樽銘菓『古代最中』の魅力は、なんといっても北海道産の素材にこだわった上品な甘さです。最中の皮には、北海道産の小麦粉と水を使用しており、しっとりとした食感と香ばしさが特徴です。餡には、北海道産の厳選された小豆を使用しており、甘すぎず、小豆本来の風味がしっかりと感じられます。また、最中の皮と餡の間に挟まれている求肥は、北海道産の餅米を使用しており、柔らかく、もちもちとした食感が楽しめます。

『古代最中』は、北海道の豊かな自然の恵みをたっぷりとうけた素材を使用することで、北海道ならではの美味しさを感じることができます。北海道旅行のお土産として、また、大切な方への贈り物として、ぜひ一度味わってみていただきたい逸品です。

『古代最中』は、1個150円(税込)で購入することができます。小樽銘菓『古代最中』は、小樽市内の菓子店やデパートで購入することができます。また、小樽市内の観光スポットやオンラインショップでも販売されています。

小樽土産の定番として人気を集める理由

小樽土産の定番として人気を集める理由

小樽銘菓『古代最中』の魅力

小樽土産の定番として人気を集める理由

小樽銘菓『古代最中』は、北海道小樽市にある老舗和菓子店「六花亭」が製造・販売している最中です。1970年に発売されて以来、ロングセラー商品として愛され続けています。

『古代最中』は、北海道産の厳選された小豆を使用したこしあんを、香ばしい最中皮でサンドしたシンプルな和菓子です。最中皮は、表面に古代の文様が描かれており、縁起の良いお菓子として知られています。

『古代最中』の人気の理由は、その素朴な味わいと、リーズナブルな価格です。1個108円(税込)というお手頃価格で購入することができるので、お土産としてたくさん購入しても負担になりません。

また、『古代最中』は日持ちがするので、お土産として持ち歩くのに便利です。常温で約1週間保存することができるので、旅行の途中で食べたり、自宅に帰ってからゆっくりと味わったりすることができます。

『古代最中』は、小樽土産の定番として人気を集める理由がわかる、素朴で美味しい和菓子です。小樽を訪れた際には、ぜひ一度味わってみてください。

タイトルとURLをコピーしました