ままどおるの魅力

スポンサーリンク

ままどおるの魅力

ままどおるとは。

ままどおるとは、福島県郡山市にある三万石が製造と販売を行う銘菓です。バターを配合した生地にミルク風味の餡を包み込んだ焼き菓子です。

ままどおるの歴史

ままどおるの歴史

ままどおるの歴史

ままどおるは、福井県を代表する銘菓のひとつです。その歴史は古く、1900年(明治33年)に福井の和菓子屋「むらまつ」の創業者が考案したとされています。

創業者は、当時流行していたカステラをヒントに、しっとりとした食感と素朴な味わいの新しいお菓子を作りたいと考えました。試行錯誤の末に完成したのが、ままどおるです。

ままどおるは、小豆餡をカステラ生地で包んで焼き上げたシンプルな菓子です。しかし、その素朴な味わいが多くの人々に愛され、瞬く間に福井の名物となりました。

ままどおるという名前は、創業者の妻が「このお菓子は、まるで子供のほっぺのようね」と言ったことに由来しています。ほっぺのように柔らかな食感と素朴な味わいが、多くの人々に愛され続けているのです。

現在、ままどおるは福井県内を中心に、全国各地で販売されています。また、海外にも輸出されており、世界中の人々にその美味しさが知られています。

ままどおるの製造工程

ままどおるの製造工程

ままどおるの製造工程

ままどおるは、白あんをカステラ生地で包んだお菓子です。徳島県鳴門市のお土産として有名で、地元で長く愛されています。

ままどおるの製造工程は、まず、白あんを作るところから始まります。白あんは、小豆を煮て裏ごしし、砂糖や水飴を加えて練り上げます。その後、カステラ生地を作ります。カステラ生地は、小麦粉、砂糖、卵を混ぜて焼き上げます。焼き上がったカステラ生地で白あんを包み、最後に表面に砂糖をまぶして完成です。

ままどおるは、製造工程のすべてが手作業で行われています。そのため、大量生産はできませんが、その分、一つ一つ丁寧に作られています。それが、ままどおるの美味しさの秘訣です。

また、ままどおるには、鳴門特産の鳴門金時を使った「鳴門金時ままどおる」や、徳島県産の柚子を使った「柚子ままどおる」など、さまざまな種類があります。

ままどおるの楽しみ方

ままどおるの楽しみ方

-ままどおるの楽しみ方-

ままどおるは、シンプルなお菓子ですが、そのシンプルな味わいが飽きることなく、また誰にでも愛されるお菓子です。そんなままどおるの楽しみ方をご紹介します。

-そのまま食べる-

ままどおるは、そのまま食べるのが一番シンプルな楽しみ方です。口に含むと、ほろっとした食感と、小豆の甘さが広がります。お茶やコーヒーと一緒に食べると、より一層おいしくいただけます。

-アイスと食べる-

ままどおるをアイスと一緒に食べるのもおすすめです。バニラアイスや抹茶アイスなどと相性がよく、ひんやりとしたアイスとままどおるの優しい甘さが絶妙にマッチします。

-アレンジして食べる-

ままどおるは、アレンジして食べるのもおすすめです。例えば、トースターで焼くと、外側がカリッ、内側がふんわりとした食感になります。また、冷蔵庫で冷やすと、より一層ひんやりとした食感が楽しめます。

-お土産にする-

ままどおるは、お土産にも最適です。日持ちがするので、旅行のお土産としてはもちろん、帰省土産としても喜ばれます。個包装になっているので、配るのも簡単です。

ままどおるは、シンプルなお菓子ですが、そのシンプルな味わいが飽きることなく、また誰にでも愛されるお菓子です。ぜひ、いろいろな楽しみ方を見つけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました