信州名物、野沢菜入りかつサンドの魅力

スポンサーリンク

信州名物、野沢菜入りかつサンドの魅力

信州名物野沢菜入りかつサンドとは。

丸政が製造するお弁当で、山梨県北杜市のJR茅野駅でのみ販売されている信州名物の野沢菜入りかつサンド。

野沢菜入りかつサンドの歴史

野沢菜入りかつサンドの歴史

野沢菜入りかつサンドの歴史は古く、明治時代末期にまで遡ります。長野県野沢温泉村で旅館を営んでいた井上藤吉氏が、宿泊客に提供するために考案したと言われています。井上氏は、野沢温泉村で盛んに栽培されていた野沢菜と、トンカツを組み合わせた料理を作りたいと考えました。そこで、野沢菜を刻んでトンカツに挟み、ソースとマヨネーズをかけて出したところ、宿泊客に大好評を得たそうです。

その後、野沢菜入りかつサンドは野沢温泉村の名物となり、昭和初期には東京や大阪などにも広まりました。そして、昭和30年代になると、野沢菜入りかつサンドを販売するチェーン店が登場し、全国的に人気が高まりました。

現在、野沢菜入りかつサンドは、長野県だけでなく、全国各地で販売されています。コンビニエンスストアやスーパーマーケット、デパートなど、様々な場所で手軽に購入することができます。また、野沢温泉村では、野沢菜入りかつサンドの専門店が軒を連ね、連日多くの観光客が訪れています。

野沢菜入りかつサンドのこだわり

野沢菜入りかつサンドのこだわり

野沢菜入りかつサンドのこだわり

野沢菜入りかつサンドは、長野県信州の郷土料理として親しまれているサンドイッチです。その名の通り、野沢菜とカツレツをサンドしたもので、シンプルながらも奥深い味わいが特徴です。

野沢菜入りかつサンドのこだわりは、まず何といっても野沢菜にあります。野沢菜は、長野県産の野沢菜を独自の製法で漬けたもので、シャキシャキとした食感と、ほどよい酸味が特徴です。この野沢菜を、一枚一枚丁寧にカツレツに重ねていきます。

次に、カツレツにもこだわりがあります。野沢菜入りかつサンドのカツレツは、国産の豚肉を使用し、丁寧に手作業で揚げられています。サクッとした衣と、ジューシーなお肉がたまらないおいしさです。

そして、野沢菜とカツレツをサンドするパンにもこだわりがあります。野沢菜入りかつサンドには、信州産の小麦粉を使用した、しっとりとした食パンを使用しています。このパンが、野沢菜とカツレツの味をより一層引き立ててくれます。

野沢菜入りかつサンドは、信州の食材をふんだんに使用した、まさに信州名物と呼ぶにふさわしいサンドイッチです。そのこだわりの味を、ぜひ一度ご賞味ください。

野沢菜入りかつサンドの食べ方

野沢菜入りかつサンドの食べ方

野沢菜入りかつサンドの食べ方

野沢菜入りかつサンドは、長野県信州の名物として知られるサンドイッチです。サクサクのカツと、野沢菜のシャキシャキとした食感、そして甘辛いソースのハーモニーがたまらない逸品です。野沢菜入りかつサンドを食べる際には、いくつかの注意点があります。

まず、野沢菜入りかつサンドは、揚げたての状態で食べるのが一番です。揚げたてのカツはサクサクとしており、野沢菜のシャキシャキ感も引き立ちます。冷めてしまうと、カツの衣が柔らかくなってしまい、野沢菜のシャキシャキ感も失われてしまいます。

次に、野沢菜入りかつサンドは、ソースをたっぷりとかけて食べるのがおすすめです。ソースは、甘辛いものが一般的ですが、お好みで辛口のソースをかけてもよいでしょう。ソースをたっぷりとかけることで、カツと野沢菜の旨味をより一層引き立てることができます。

最後に、野沢菜入りかつサンドは、一口サイズに切って食べるのがおすすめです。カツと野沢菜の大きさがバラバラだと、食べにくくなってしまいます。一口サイズに切って食べることで、食べやすくなり、より一層美味しく味わうことができます。

タイトルとURLをコピーしました