薩摩芋の品種「山川紫」の魅力

スポンサーリンク

薩摩芋の品種「山川紫」の魅力

山川紫とは。

鹿児島県で栽培されるサツマイモ「山川紫」は、濃い紫紅色の皮と紫色の果肉が特徴で、お菓子や特産品の焼酎の原料として使用されています。

「山川紫」とは

「山川紫」とは

「山川紫」とは

鹿児島県で「山川紫」は、その名のとおり薩摩川内市山川地区で育成された、薩摩芋の品種です。その栽培は、150年以上前の江戸時代後期に遡ります。山川地区は、温暖な気候と水はけの良い土壌に恵まれた地域で、薩摩芋の栽培に適しています。また、山川地区には、薩摩芋の栽培に長けた農家が多く、彼らによって「山川紫」は大切に育てられてきました。

「山川紫」の特徴は、まずその色にあります。その名の通り、皮の色は鮮やかな紫色です。この紫色の皮は、ポリフェノールの一種であるアントシアニンを多く含んでおり、抗酸化作用が強いのが特徴です。次に、「山川紫」は、その食味にも特徴があります。加熱すると、ほくほくとした食感になり、甘みが強いです。また、「山川紫」は、ビタミンCやカリウムなどの栄養素を豊富に含んでいます。

「山川紫」の特徴

「山川紫」の特徴

「山川紫」の特徴

「山川紫」は、皮が濃い紫色の薩摩芋です。この紫の色素はアントシアニンというポリフェノールの一種で、抗酸化作用や眼精疲労の改善に効果があるとされています。また、「山川紫」は肉質が緻密でホクホクとした食感で、甘みが強く、焼き芋や天ぷら、煮物など、様々な料理に適しています。

「山川紫」は、鹿児島県薩摩川内市の山川地区で栽培されているサツマイモです。この地域は、温暖な気候と水はけの良い土壌がサツマイモの栽培に適しており、「山川紫」は、この恵まれた環境の中で育まれています。「山川紫」は、平成17年に品種登録され、現在では、鹿児島県内を中心に全国各地で栽培されています。

「山川紫」は、その独特の紫色と、ホクホクとした食感、甘みが特徴です。また、「山川紫」には、アントシアニンというポリフェノールの一種が含まれており、抗酸化作用や眼精疲労の改善に効果があるとされています。このため、「山川紫」は、健康志向の高い人々にも人気が高まっています。

「山川紫」の活用例

「山川紫」の活用例

「山川紫」の活用例

「山川紫」は、その独特な色と風味を生かして、様々な料理に使われています。定番の焼き芋はもちろん、天ぷら、コロッケ、プリン、ケーキなど、様々な料理に活用されています。

また、「山川紫」は、その色素成分であるアントシアニンがポリフェノールの一種であり、抗酸化作用があることから、健康食品としても注目されています。アントシアニンは、ブルーベリーやブドウにも含まれている成分で、老化や動脈硬化を防ぐ効果があると言われています。

「山川紫」は、その独特な色と風味、そして健康効果から、今後ますます注目されていく芋です。

タイトルとURLをコピーしました