スズキRH250の魅力

スポンサーリンク

スズキRH250の魅力

RH250とは。

RH250は、スズキが1984年から製造と販売を行ったオートバイです。排気量は249ccで、普通自動二輪車に分類されます。水冷2ストローク単気筒のエンジンを搭載しており、RA125とともに、水冷オフロード車として登場しました。

RH250の歴史

RH250の歴史

-RH250の歴史-

スズキRH250は、1983年にスズキから発売されたロードレーサー用オートバイである。RH250は、スズキのロードレースにおける成功を支えたマシンであり、世界グランプリ選手権(WGP)250ccクラスで1983年、1984年、1985年の3連覇を達成した。

RH250の開発は、1980年に始まった。スズキは、WGP250ccクラスでヤマハのYZR250に苦戦しており、新マシンの開発が必要だった。RH250は、スズキのロードレースにおける豊富な経験を活かして開発されたマシンであり、フレームやエンジンなどすべての部分が専用設計されていた。

RH250は、1983年にWGP250ccクラスにデビューし、アンヘル・ニエトとカルロス・ラバーダのコンビで1-2フィニッシュを飾った。この勝利は、RH250のデビュー戦での優勝であり、スズキのロードレースにおける新たな時代の幕開けを告げた。

RH250は、1984年、1985年とWGP250ccクラスで2連覇を達成し、スズキのロードレースにおける黄金時代を支えた。RH250は、その後も1990年代前半までWGP250ccクラスで活躍し、数多くの勝利を収めた。

RH250は、その優れた性能と美しいデザインで、多くのモータースポーツファンに愛されたマシンである。RH250は、スズキのロードレースにおける黄金時代を支えたマシンであり、その功績は永遠に語り継がれるだろう。

RH250の特徴

RH250の特徴

RH250の特徴

スズキRH250は、1987年にスズキから発売されたロードレーサーです。2ストローク250ccエンジンを搭載し、最高出力は45馬力を発揮します。また、乾燥重量はわずか105kgで、非常に軽量なマシンです。RH250は、その優れた走行性能から多くのライダーから人気を集めました。

RH250の特徴のひとつは、その軽量な車体です。105kgという乾燥重量は、250ccクラスのマシンとしては非常に軽く、取り回しが非常にしやすいです。また、RH250はエンジンがコンパクトなため、重心が低くなっています。これにより、コーナリング性能が向上しています。

RH250の特徴のもうひとつは、その強力なエンジンです。2ストローク250ccエンジンは、最高出力45馬力を発揮し、非常にパワフルです。また、RH250は高回転までスムーズに吹け上がるため、非常に乗りやすいマシンです。

RH250は、その優れた走行性能から多くのライダーから人気を集めました。特に、サーキット走行を好むライダーには絶大な人気を誇っています。RH250は、その軽量な車体と強力なエンジンにより、サーキット走行で高いパフォーマンスを発揮します。

RH250の海外での評価

RH250の海外での評価

RH250の海外での評価

RH250は、海外でも高い評価を得ていました。その理由は、まずその軽くて扱いやすい車体にあります。乾燥重量はわずか128kgで、当時としては最軽量クラスのバイクでした。また、ホイールベースも短く、取り回しが非常に容易でした。

次に、そのパワフルなエンジンです。250ccの排気量ながら、最高出力は45馬力を発生していました。これは、当時としてはトップクラスの出力でした。また、エンジンの回転数の上昇とともに、パワーがぐんぐんと上がっていくのが特徴で、非常にエキサイティングな走りを楽しむことができました。

最後に、そのスタイリッシュなデザインです。RH250は、当時としては斬新なデザインを採用していました。流線型のフォルムは、見る者を魅了しました。また、カラーリングも豊富で、自分の好みに合ったカラーを選ぶことができました。

これらの理由から、RH250は海外でも高い評価を得ていました。特に、ヨーロッパでは人気が高く、多くのライダーがこぞってRH250に乗っていました。

タイトルとURLをコピーしました