旺文社新英和中辞典の魅力とは?

スポンサーリンク

旺文社新英和中辞典の魅力とは?

旺文社新英和中辞典とは。

旺文社新英和中辞典は、旺文社から1999年に発行された英和辞典です。1975年に発行された『〈旺文社〉英和中辞典』の後継辞典で、堀内克明氏が編纂しました。約13万5000語句を収録しており、語法解説欄や類語解説欄などのコラムも充実しています。

旺文社新英和中辞典の特長

旺文社新英和中辞典の特長

旺文社新英和中辞典の特長

旺文社新英和中辞典は、1981年に初版が発行されて以来、40年以上にわたり多くの学習者や英語関係者に愛用されている。その特長は、以下の通り。

1. 収録語数が多い

旺文社新英和中辞典は、収録語数約32万語と、一般の英和辞典としては非常に多い。これにより、ほとんどの英単語を引くことができる。

2. 定義が丁寧で詳しい

旺文社新英和中辞典は、定義が丁寧で詳しいことも特長。例えば、「think」という単語を引くと、「考える、思慮する、推理する、思う、考える、記憶する、思い起こす、熟考する、熟慮する」など、さまざまな意味が丁寧に解説されている。

3. 例文が豊富

旺文社新英和中辞典は、例文が豊富なのも特徴。例えば、「think」という単語を引くと、10個以上の例文が掲載されており、単語の使い方を詳しく知ることができる。

4. 発音記号がカタカナ表記

旺文社新英和中辞典は、発音記号がカタカナ表記されており、英語が苦手な人でも発音を簡単に学ぶことができる。

5. 付録が充実

旺文社新英和中辞典は、付録が充実していることも特徴。例えば、不規則動詞の活用表や、動詞の主要な時制・態の活用表など、英語学習に役立つ情報が掲載されている。

旺文社新英和中辞典の活用例

旺文社新英和中辞典の活用例

旺文社新英和中辞典は、英語学習者にとって非常に役立つ辞典です。学習者が必要とするさまざまな情報を充実収録しており、それらを使いこなすことで、英語学習の効率化を図ることができます。

例えば、旺文社新英和中辞典には、類語や対義語、派生語などの関連情報を豊富に掲載しています。これらは、単に単語の意味を調べるだけでなく、その単語を正しく使いこなすために欠かせない情報です。また、旺文社新英和中辞典には、例文や用例が多数掲載されています。これらは、単語の使い方を具体的に理解するための貴重な資料です。さらに、旺文社新英和中辞典には、語源や文化的な背景などのコラムも掲載されています。これらは、単なる単語の意味を調べるだけでなく、英語をより深く理解するために役立つ情報です。

タイトルとURLをコピーしました